薬事監視員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

薬事監視員

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
薬事監視員

どんな
職種?
保健所などに勤務し、医薬品などの品質、安全性を監視

薬事監視員とは、医薬品、化粧品、医療機器を取り扱う会社を対象に、商品の安全性などを監視するために立ち入り検査を行い、品質や表示内容をチェックする専門職を指す。所属は、厚生労働省管轄の保健所で、身分は国家公務員となる。万一、粗悪な医薬品を発見した場合は、製造会社に対して薬事法に規定された指導や業務改善命令を行う権限を有する。昨今では、通信販売やインターネット広告なども監視し、消費者の安全を守る責任ある仕事をこなしており、社会的な使命感を持って働くことのできる仕事だ。

こんな人に
おすすめ!
薬学に対して深い知識を持ち、情報を更新するための向学心が求められる

消費者を守るために薬事法に反する医薬品や化粧品を発見する社会的使命感が求められる。店舗や紙媒体の広告に加えて、インターネット上の情報にも目を光らせる情報収集力やチェック力も必要だ。薬学に対する知識を常に更新しておく必要があるため、向学心を持つ人に向いている職業だ。

薬事監視員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:薬学、医学、歯学、獣医学
  • 採用試験 就職先:保健所など
  • 薬事監視員
  • Point1

    薬剤師や医師、獣医師、歯科医師の知識が必要。また、免許保持者でなくても薬学や医学に関する専門課程を修了し、一年以上薬事行政に関わることが必要だ。

  • Point2

    薬剤師免許を取得した後、国家公務員試験を受験するのが一般的。経験と実績を積めば薬事監視員へつながる。薬事監視員には試験はないが、実力を認められ任命されることでなれる職種でもある。

保健・薬系のその他の仕事

薬事監視員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける