栄養情報担当者(NR)になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

栄養情報担当者(NR)

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
栄養情報担当者(NR)

どんな
職種?
健康管理と栄養食品に関する適切なアドバイスが行える専門家

栄養情報担当者(NR)とは、健康管理、栄養食品に関する知識を身に付け、消費者に対して正しいアドバイスを行う専門家のこと。公的機関である独立行政法人の国立健康・栄養研究所が定めた認定制度に基づく職業であり、老若男女の健康状態に合わせて栄養食品に関する助言を与えることのできる、有資格者の育成を国が支援している。「栄養情報担当者(NR)認定証」は認定試験に合格すると交付され、薬剤師などの医療従事者、管理栄養士など食品に携わる職種の者が、栄養情報担当者(NR)を兼務している場合もある。

こんな人に
おすすめ!
栄養やサプリメントに関する正しい理解とアドバイス力が求められる

仕事の多くは消費者へのアドバイザーとしての役割を担うため、健康・医療の知識習得はもちろん、消費者の役に立つための情報収集・分析力が求められる。また、消費者の状態を正しく把握した上で、目的に応じて適切なアドバイスをする必要があるため、分析能力が長けていることも望ましい。

栄養情報担当者(NR)を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:栄養学、食物学、調理学、薬学など
  • 民間資格:NR・サプリメントアドバイザー認定試験
  • 採用試験 就職先:医療機関、介護福祉施設、リハビリ施設など
  • 栄養情報担当者(NR)
  • Point1

    栄養情報担当者として働くための「NR・サプリメントアドバイザー」認定取得を目指し、学校やセミナーに通って知識を身に付ける必要がある。

  • Point2

    在学中に養成講座を受講し、卒業後にNR・サプリメントアドバイザー認定試験に合格するとNRとして働くことができる。 合格後はNR登録を行い、定期的に学会に参加して更新する必要がある。

保健・薬系のその他の仕事

栄養情報担当者(NR)
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける