ヘアスタイリストになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「美容・理容・メイクアップ」に戻る

ヘアスタイリスト

美容・理容・メイクアップ系の仕事
ヘアスタイリスト

どんな
職種?
著名人の髪をテレビ・雑誌などの目的に合わせて仕事で美しく演出

メイクアップアーティストがメイクのプロであるなら、ヘアスタイリストは髪を整えるプロである。お客の要望に応えて髪を整えるのは美容師と同じだが、ヘアスタイリストはメディアに登場するモデルなど著名人が顧客になることが多く、メディアの種類や対象者のキャラクターに応じてアレンジすることを求められる。想像力を持ってさまざまな髪型を提案、スタイリングしなければならない。著名人の専属で仕事をすることも多く、担当したタレントのヘアスタイルが社会現象のように流行することもあれば、不評を買うこともあるので、やりがいと責任の大きな仕事だ。

こんな人に
おすすめ!
ヘアスタイルに関心が強く、コミュニケーション能力の高い人

メディアに登場するヘアスタイルとなることが多く、ファッションなど流行全般にも関心が強いことが不可欠。想像力を持って、ときには斬新なスタイルを提案し、流行をつくリ出そうとするくらいの前向きの気持ちがあってもよい。人と接することが基本となる仕事なので、コミュニケーション能力はもちろんのこと、ビジネスマナーのしっかりとした人物であれば、信頼関係も築きやすい。

ヘアスタイリスト

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

ヘアスタイリストを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:美容、健康科学、保健衛生学など
  • 採用試験 就職先:美容室、ブライダルサロン、独立開業など
  • ヘアスタイリスト
  • Point1

    現場や控え室などで髪をカットすることもあるので、国家資格である「美容師」免許が実質的には必要なことが多い。またメイクアップを習う人も多い。

  • Point2

    メディアで見る著名人のヘアスタイルにアンテナを立て、自分なりのアイデアをふくらませ、研究することもよい勉強になるだろう。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

メイクアップ系のその他の仕事

ヘアスタイリスト
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける