家畜人工授精師が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

動物・植物酪農・畜産・水産家畜人工授精師

この条件で検索する

家畜人工授精師が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

5

1-5件を表示

家畜人工授精師の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 遺伝的に優秀なオスから人為的に精子を採取し、これをメスの子宮に入れて優秀な子供を多数出産させる技術を持ち、発情期のメスに、細い注入器を使って人工授精を行う。乳牛(人工授精普及率はほぼ100%)や肉牛(同ほぼ95%)、豚を中心にした家畜で行われている。牛の場合、自然交配では1頭のオスから年間50~100頭の交配が限界だったのが、人工授精によって数百頭から数万頭にまで増大させることが可能になり、なかには、1頭のオスが4万頭以上の父親になった例もある。家畜人工授精師になるには、農林水産大臣が指定する大学で学ぶか、都道府県が行う講習会で必要な課程を修了、試験に合格して、知事の免許を取得する。獣医師はこの免許を受けなくても有資格者。専業の人もいるが、牧畜生産者や農協職員、共済組合の診療所勤務の人などが多い。