彫刻家が学べる東海・北陸エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真アート・写真彫刻家

この条件で検索する

彫刻家が学べる東海・北陸エリアの学校検索結果

18

1-18件を表示

彫刻家の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 石、木材、ブロンズや鉄などの金属、石膏などで彫刻をつくり、販売する。彫刻家への明確な道筋はないが、経験のある彫刻家に弟子入りしたり、美術大学の彫刻科に入って技術を学ぶ人が多い。彫刻に先駆けて必要になるのは、確かなデッサン力。はじめる時期が早ければ早いほどよく、若いうちから人物や動物、静物などをデッサンして力をつけるとよい。しかし、彫刻は材料費もかかるし、広いスペースがないと作品が制作できないから、彫刻家として生計を立てるのは並大抵ではない。美術の教師や講師を兼業している人が多い。買い手の多くは自治体や企業などで、公園や庭園、路上、ビルの入り口など屋外に置かれることが多くなっている。モニュメントとして、様式も幾何学的な立体の造形が増えている。美術展などで受賞すると制作依頼が増える。世界で活躍する日本人彫刻家も目立つ。