浜松学院大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

独自の教育プログラム「DiCoResプログラム」で地域社会の担い手となる人材の育成を目指す。

浜松学院大学は、一人ひとりの学びを深めるために、本学独自の「DiCoRes(ディコレス)プログラム」を4年間の中核に据えています。授業等で得た知識や経験を実務的体験と結びつけることによって、自己の学びが深められるアクティブ・ラーニングを多くの講義で取り入れています。

地域共創学科では、様々な現場での実践活動を通じ、地域の課題を見つけ、解決に導く力を育成します。「地域政策専攻」では、地域政策に関する豊かな知識と行政能力を身に付けます。「観光ツーリズム専攻」では、国内外の観光に関する専門的な知識を学び、次世代型のツーリズムを創りだす人材を育成します。「グローバルコミュニケーション専攻」では、グローバルな視野と知見を持ち、地域社会に貢献する能力を身に付けます。

子どもコミュニケーション学科には、幼稚園教諭・保育士を目指す「幼児教育・保育専攻」と、小学校教諭・特別支援学校教諭を目指す「初等教育専攻」があります。高い専門性を身に付けるために、4年間子どもと現場から離れない学びを実践し、時代と地域のニーズに応えられる保育者・教育者を育成します。

浜松学院大学 PRイメージ1
浜松学院大学 PRイメージ2
浜松学院大学 PRイメージ3

トピックス

2018.03.01

確かな実践力を身に付ける「DiCoResプログラム」

本学独自の教育プログラム「DiCoResプログラム」では、「対話」「協同」「責任」の3つの力の育成を主軸にしています。「自分」「人」「モノ」と真摯に向き合うことで、自分の役割を自覚し、責任を果たすことを通して、社会人として求められる基礎的な力を修得します。
◆1年次:観察体験
企業や保育の現場での観察体験では、キャリア意識を形成し、自分の将来を具体的にイメージします。
◆2年次:学内イベント企画運営
大学祭で行うイベントを仲間と協力して企画運営し、企画運営力や協調性を身に付けます。
◆3年次:地域での実践活動
「浜松市との連携事業」や「長期企業内留学」を通して、現場の声を聞きながら実践力を身に付けます。
◆4年次:実践報告研究会
これまで取り組んできた実践活動を、専門知識と結び付けて整理し、4年間の成果を論文にして発表します。

2018.03.01

大学教育の最先端の学び「長期学外学修プログラム DiCoRes plus」

本学の長期学外学修プログラム「DiCoRes plus」が文部科学省「大学教育再生加速プログラム」に採択されました。
「DiCoRes plus」は、大学入学後の早い時期(1年次8月)に、フィリピン・ダバオ市または浜松市北遠地域という2つの日常生活圏から離れた場所において、チームで、連続した長期間にわたって学修するプログラムです。
フィリピン・ダバオ市で行う「フィリピン・ダバオ市フィールドスタディ」では、ダバオ市の教育機関での授業観察や教育研修、フェアトレードなどの国際協力理解活動を行います。
浜松市北遠地域で行う「北遠フィールドスタディ」では、地元住民(15世帯、約20人)と交流を図りながら、伝統芸能の継承、観光客誘致のための地域活性化に関する取り組みなど、地域課題の解決策を探ります。
異文化と接する中で、多くの人に出会い、共に活動することで、私たちの暮らす地域や社会に対して多くの関心や疑問が生じるでしょう。それは、大学で学ぶ目的を明確化し、「学ぶ」という行為の原動力となります。本プログラムが、これからの4年間の大学生活の過ごし方・学び方を、きっと大きく変えるはずです。

2018.03.01

地域・観光・グローバルの3専攻を展開!年間22名の地域のリーダーに学ぶ「地域共創特別講義」を開講!

地域共創学科では、地域政策専攻・観光ツーリズム専攻・グローバルコミュニケーション専攻の3専攻があります。3専攻では進むべき進路を明確にして、課題解決型の講義が展開され「確かな実践力」を身に付けています。
中でも、地域共創学科の象徴的な講義である「地域共創特別講義」では、浜松市長を始めとする地域の各界のリーダー・有識者の方々が、自分の理念、経営哲学、地域の特性、将来への課題、そして未来を担う学生に伝えたいことを熱く語ります。地域の発展がどのように形作られているかを学び取り、地域の現状や課題を理解し、考え抜くことを目指す講義です。

2018.03.01

保育・幼児教育・初等・特別支援教育の4分野を横断的に学習し、教育のスペシャリストを育成!

子どもコミュニケーション学科では、①保育士資格、②幼稚園教諭一種免許状、③小学校教諭一種免許状、④特別支援学校教諭一種免許状、⑤中学校教諭一種免許状(英語※他学科履修が必要)の免許が取得できます。
特に、静岡県西部で小学校教諭一種免許状と特別支援学校教諭一種免許状を取得できるのは浜松学院大学だけです※。特別支援学校教諭一種免許状の取得には、(本学の場合は)幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状の取得が条件です。
現代の教育現場においては、多様な子どもたちへの対応が求められます。浜松学院大学では保育・幼児・初等・特別支援教育の4つの分野を1学科で横断的に学修し、4年間でプラスアルファの専門性を身に付けた、実践力の優れた保育者・教育者を養成します。※文部科学省「平成28年4月1日現在の教員免許状を取得できる大学」より

募集内容・学費

浜松学院大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

現代コミュニケーション学部

地域共創学科(2018年04月 実績)

コース・専攻名 ・地域政策専攻
・観光ツーリズム専攻
・グローバルコミュニケーション専攻
定員 60名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,274,000円
(2018年04月 実績)
備考

【目指せる資格】

<教職課程履習&修得により取得可能>
中学校教諭一種免許状(英語)
高等学校教諭一種免許状(英語)

<取得目標資格>
総合・国内旅行業務取扱管理者
TOEIC
MOS
ITパスポート ほか

子どもコミュニケーション学科(2018年04月 実績)

コース・専攻名 ・幼児教育・保育専攻
・初等教育専攻
備考 ※専攻選択は1年次前期が終わるときに行います。
定員 100名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,274,000円
(2018年04月 実績)
備考

【目指せる資格】

<取得可能>
保育士 

<教職課程履修&修得により取得可能>
幼稚園教諭一種免許状
小学校教諭一種免許状
特別支援学校教諭一種免許状
中学校教諭一種免許状(英語)〈他学科履習が必要〉

【教職課程について】

2019年度以降の教職課程は再課程認定申請予定。⽂部科学省における審査の結果、開設時期が変更となる可能性があります。

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2015年~2017年3月卒業生実績

  • 公立小学校教員(東京都)
  • 公立小学校教員(浜松市)
  • 公立小学校教員(藤枝市)
  • 公立小学校教員(島田市)
  • 公立中学校教員(浜松市)
  • 特別支援学校教員(静岡県)
  • 学校事務(浜松市)
  • 公務員(森町)
  • 公立幼稚園(浜松市)
  • 公立幼稚園(磐田市)
  • 公立幼稚園(袋井市)
  • 公立幼稚園(静岡市)
  • 公立保育園
  • 静岡県警察
  • 浜松信用金庫
  • 磐田信用金庫
  • 遠州信用金庫
  • 富国生命保険相互会社
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 遠州鉄道
  • 遠鉄観光開発
  • 遠鉄アシスト
  • 遠鉄石油
  • 遠鉄ストア
  • 呉竹壮
  • 浜松日産
  • 静岡スバル自動車
  • 日本瓦斬
  • 杏林堂
  • マックスバリュ東海
  • クレディセゾン
  • 親和製作所
  • 幸和ハウジング
  • アサヒハウス工業
  • エイエイピー
  • 聖隷福祉事業団
  • 天竜厚生会
  • ベネッセスタイルケア
  • あけぼの幼稚園
  • さなる幼稚園
  • 海の星鷺の宮幼稚園
  • 北浜幼稚園
  • 相生学園
  • 早出幼稚園
  • 太陽さぎのみやこども園
  • 都田保育園
  • すみよし保育園
  • 聖母福祉会
  • 順愛保育園
  • 高丘保育園
  • …など

2017年3月卒業生実績98.9%(就職希望者数91人/就職者数90人)

就職支援

本学は、大学全体で98.9%と、全国でもトップクラスの就職率を誇っています。その秘訣は、一人ひとりに合わせたきめ細やかな就職サポートにあります。キャリアカウンセラー資格を持った専門の職員が全学生に対して繰り返し行う、履歴書作成や面接対策・個人面談は浜松学院大学だからこそできる手厚い支援です。
◆履歴書作成・論文・面接(個人・集団)試験・集団討論などの対策・支援
◆全国の公立幼稚園・保育所の採用試験を対象とした模試
◆浜松市の私立幼稚園を対象とした対策問題などの筆記試験対策
◆格安に受講できる外部講師による対策講座

また、教育職を目指す学生には「教職センター」が支援をします。教職の専門家や、実際に学校現場での教育・指導歴のある教員らが、地域と連携した本学独自の教育ネットワークを形成しています。その教員養成協力校(近隣の小・中学校、特別支援学校13校)のご協力のもと、入学後すぐから「観察体験」や「教育ボランティア」で、学校現場での学修ができます。浜松学院大学は「先生になる!」という強い意思を持った皆さんをサポートします。

各種制度

浜松学院大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

全国でも珍しい!3ヶ月間の「長期企業内留学」の実施

長期企業内留学は産学官連携による地域人材育成を目的とした実践的教育プログラムです。「長期企業内留学」は、浜松学院大学独自の名称です。多くの大学において就職活動の一環として実施されている、従来の2週間未満のインターンシップとは異なります。長期企業内留学は、「長期にわたり企業に留まり学ぶ」ことを意味します。3ヶ月間のまとまった期間、企業で学ぶプログラムは全国でも珍しい試みです。
長期企業内留学の準備は入学後から始まります。1年次に講義や企業見学を通じて、地域やビジネスの課題について見識を広めます。2年生の演習科目「地域共創演習」を通じて、専攻別のフィールドワークを実施して「事前研修」を行います。そして、3年次前期に90日間の長期企業内留学を行います。留学期間中も週に一度受講者全員が大学に登校し、受講者同士での情報交換や課題等を検証するなど、教育効果を高めていきます。組織の中での仕事の仕方やコミュニケーションのあり方を理解し、キャリア形成能力や職業意識を育成します。

2017年スタート!「通学費・住居費支援制度」最大90万円給付

遠方からの入学者を支援する給付型の「通学費・住居費支援制度」がスタートしました。自宅から通学する学生の「交通費」や、愛知県・神奈川県からなど、静岡県外から本学へ入学するために一人暮らしをする際の「住居費」を一部補助(給付)します。1ヶ月間の定期券代金・家賃の2分の1(上限25,000円/月)を、4年間で最大90万円給付。授業料が全額・半額給付となる給費生制度と併用をすると、最大218万円給付されます。
例えば、豊橋駅から電車・バスで通学の場合、豊橋-浜松駅間 9,100円/月、浜松駅-浜松学院大学前 5,400円/月。この場合、毎月7,250円を給付。4年間合計で261,000円給付されます。※一ヶ月あたりの定期券代金13,000円以上であることや、通学条件・成績等の諸条件有。

充実した学生生活が送れるよう、浜松学院大学は学生の皆さんを全力でサポートします。

授業料全額・半額給付の給費生制度(返還不要)

地域社会に貢献できる優位な人材の育成を目指す本学では、学業に優れた勉学意欲旺盛な者または経済的余裕のない者に学業精励を期待するという目的で教育資金給付(返還なし)の特典を与える給費生入試を行います。

◆給付額 授業料全額(64万円)または半額(32万円)
※学業不良等の資格喪失事項に抵触した場合は給費生資格を失うことがあります。
◆給付期間 原則2年間
◆給付時期 入学手続き・授業料納付時に授業料を免除することで給付と代えます。
◆選抜方法 給費生枠が設けられた入学試験において選抜


詳しくは入試要項をご覧ください。

就学困難な学生を手厚くサポートする奨学金制度

経済的な理由で勉学を諦めてしまうことがないよう、各種奨学金制度を用意しています。詳細はお気軽にお問い合わせください。

◆浜松学院大学奨学金
選考方法 学内において選考後、学長が決定
貸与金額 浜松学院大学奨学金(無利子返還)
一般奨学金/月額30,000円(単年度貸与)
特別奨学金/授業料及びその他の校納金相当額(1年次後期以降)

◆日本学生支援機構(旧・日本育英会)奨学金
選考方法 希望者の中から学業・家計・人物等について審査
本学の推薦により日本学生支援機構が採用決定
貸与金額 第一種奨学金制度(無利子返還)
・自宅及び自宅外通学者/月額30,000円
・自宅通学者/月額54,000円
・自宅外通学者/月額64,000円
第二種奨学金(有利子返還)
・月額3万、5万、8万、10万、12万円の中から家計状況により選択
※全て在学期間貸与
返還 卒業した6ヶ月後から、貸与総額に応じて定められた期間内に返還

学びの分野/学校の特徴・特色

浜松学院大学で学べる学問

  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 教育・保育

浜松学院大学で目指せる職種

  • 教育
  • 保育・こども
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光

浜松学院大学の特徴

  • AO入試制度
  • センター利用入試制度
  • 特待生制度
  • 社会人入試
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • インターンシップ
  • 学生用駐車場

浜松学院大学の所在地

本校

所在地

〒432-8012
静岡県浜松市中区布橋三丁目2番3号

交通機関・最寄り駅

JR浜松駅北口バスターミナル 1番ポール発車のいずれかのバス
所用時間:約11分
[30]舘山寺線「浜松学院大」下車
[36]ゆう・おおひとみ ひとみヶ丘線「浜松学院大」下車
[37]神ヶ谷 山崎線「浜松学院大」下車

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

053-450-7117

浜松学院大学のお問い合わせ先

総務・入試グループ

電話 053-450-7117 (入試センター直通) / 電話 053-450-7000 (代表)
FAX: 053-450-7110
Mail: nyushi@hamagaku.ac.jp

  • 学校No.2525
  • 更新日: 2018.05.11

浜松学院大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

浜松学院大学