創価大学の入試出願・願書請求

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

創価大学 PRイメージ

Discover your potential ―自分力の発見―

創価大学 建学の精神
「人間教育の最高学府たれ」
「新しき大文化建設の揺籃(ようらん)たれ」
「人類の平和を守るフォートレス(要塞)たれ」

●スーパーグローバル大学創成支援事業
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に全国37校のうちの1校として採択されています。

■創価大学「スーパーグローバル大学創成支援」における実績と目標値
<外国人留学生の拡大(※)>
 2013年度 313名
 2017年度 833名
 2023年度 1,162名(最終目標)
<派遣日本人学生の拡大(※)>
 2013年度 557名
 2017年度 792名
 2023年度 1,247名(最終目標)
<海外交流校数>
 2013年度 46カ国・地域/139大学
 2017年度 58カ国・地域/203大学
 2023年度 60カ国・地域/207大学(最終目標)
(※)当該年度の受入数、派遣数

●安心して学業に専念できるよう奨学金制度を充実
・創価大学特別奨学生(授業料等半額免除) ほか
※給付型奨学金は新制度検討中。2019年秋頃発表予定

創価大学 PRイメージ1
創価大学 PRイメージ2
創価大学 PRイメージ3
創価大学 PRイメージ4
創価大学 PRイメージ5
創価大学 PRイメージ6

トピックス

2019.03.01

「スーパーグローバル大学創成支援」中間評価で創価大学が最高評価の「S」を獲得

文部科学省が実施する「スーパーグローバル大学創成支援」(事業期間:2014年度~2023年度)について、今年度に実施された中間評価で、本学の取り組みが5段階評価(S~D)のうち最高評価にあたる「S」評価を得ました。
スーパーグローバル大学創成支援は、日本の大学の国際競争力の向上を目的に、国内外の大学との連携などを通じ、世界レベルの教育研究を行うトップ大学や国際化を牽引するグローバル大学に対し重点支援するものです(計37大学が採択)。
今回の評価を受けて馬場善久学長は、「2014年にスーパーグローバル大学創成支援に採択されて以降、学部や部署等を越えて教職員および学生が目的を共有し、連携・協力して事業を進めてきた結果、掲げた目標を着実に達成することができました。海外交流校や関係機関をはじめ、ご支援してくださる皆様からも多大なるご支援をいただいたことに、心より感謝申しあげます。2023年の最終年を目指し、今後も多様性あふれるキャンパスづくりを推進し、国際社会で活躍できる創造的世界市民の育成に尽力してまいります」と述べました。

2019.03.01

4年連続!「Girls20サミット2018 国際女性会議」に日本代表として本学学生が参加!

昨年10/13~10/20までアルゼンチン・ブエノスアイルスで開催された「Girls20サミット2018 国際女性会議」に、本学の岡部エミリー直美さん(3年・法学部)が日本代表として参加しました。
G20加盟国を中心に25カ国・地域の女性代表が集結し、本学から日本代表が選出されるのは4年連続となります。
岡部さんら各国代表は、5つのテーマごとのグループに分かれて3カ月前からウェブ上で意見交換を行い、課題に対する政策提言をまとめたうえでサミットに参加。各グループの発表を基に議論を重ね、共同声明をまとめました。

2019.03.01

「第58回日本学生経済ゼミナール関東部会(インナー大会)」で経営学部の安田賢憲ゼミが最優秀賞を受賞

昨年11/18(日)に、関東最大の学生発表会「第58回日本学生経済ゼミナール関東部会(インナー大会)」の本選が行われ、本学経営学部・安田賢憲ゼミの齋藤桃乃さん、鳥海健一さん、岡崎大志さん、小川秀美さん、中村大雅さん、藤森叶子さん、宮崎理花子さんが所属する「Team CUE」がプレゼンテーション部門の最優秀賞(第1位)に輝きました。昨年の経済学部・西浦昭雄ゼミに続き、本学からは2年連続での受賞となりました。
「Team CUE」は、世界の諸都市と比較して東京の心肺蘇生実施率が低いことを問題視し、調査・研究を敢行。子どもが心肺蘇生法を楽しく学べるカードゲーム教材を開発し、その販売および普及を目指す取り組みを発表しました。

2019.03.01

金賞受賞11年ぶり4度目!パイオニア吹奏楽団が「全日本吹奏楽コンクール」で金賞を受賞

昨年10/27(土)に行われた国内の吹奏楽界最大規模のコンクール「第66回全日本吹奏楽コンクール(大学の部)」に本学パイオニア吹奏楽団が出場。11年ぶり4度目となる金賞を受賞しました。
パイオニア吹奏楽団は、作曲家・伊藤康英氏の指揮で課題曲『吹奏楽のためのワルツ』(高昌帥作曲)と自由曲『ピース、ピースと鳥たちは歌う』(伊藤康英作曲)を演奏。9名の全審査員から最高評価を獲得しました。

2019.03.07

受験生キャンパスツアー!

毎週月曜日~金曜日に、受験生キャンパスツアーを受け付けています。
当日は、希望学部や皆さんの知りたいことに応じてキャンパスをご案内します。「この学部について知りたい!」「図書館の中が見てみたい」「食堂のご飯が食べたい!」 など、できる限りの要望に応えさせていただきますので、遠慮なくご相談ください。みなさんのお越しをお待ちしています!

■開催日:平日(月~金)9時~17時
■申込方法:【ツアー希望日の1週間前】までに本学HPの予約フォームより事前にご予約をお願い致します。
https://www.soka.ac.jp/prospective/events/campustour/

募集内容・学費(2019年4月実績)

創価大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

経済学部

経済学科

概要 グローバル化が進む社会において、「経済学」の知識はとても重要です。また、英語力も不可欠な時代になりました。経済学部では、「社会で即戦力となる就業力」「ビジネスに生かせる英語力」を向上させたい方に最も適した学部です。専門知識の向上はもちろん、様々な英語力向上のプログラムを用意しています。また学部独自の海外研修や、国内・国外のインターンシップ等のプログラムも充実しております。経済学部は、あなたの「Dreams Come True」を全力で応援します!
定員 190名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,119,000円
(2019年4月実績)

経営学部

経営学科

概要 経営学部は、時代の変化を常に呼吸し、新しい時代のグローバルに活躍するビジネスリーダーの養成をしています。経営学を学ぶことは、最もエキサイティングな分野で、最も役に立つ実践的な武器を身につけることにつながります。
経営学は、組織活動の企画・運営に関する科学的知識の体系です。その分野は経営管理論、会計学、商学、経営工学、経営情報学に広がり、経営を分析するために、経済学、社会学、心理学、数学、統計学などの多様なアプローチをとる「総合科学」としての性格を持っています。あらゆる学問を駆使して、よりよき組織運営に役立てていく学問なのです。そのために、各授業において少人数で主体的に学ぶアクティブ・ラーニングの手法を広く取り入れています。
公認会計士や税理士など最難関の国家試験にも多くの合格者を出しているほか、金融、生産、流通、マーケティング、人事、情報などのビジネスの分野で活躍するプロフェッショナル人材を輩出しています。また、経営学部は約4割が女性ですが、ビジネス分野の女性リーダーの輩出にも力を入れています。
定員 190名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,119,000円
(2019年4月実績)

法学部

法律学科

概要 法学部は、「グローバル&キャリア主義」をモットーとしています。
バッキンガム大学のダブル・ディグリーや長期留学をはじめ、多彩な国際プログラムを実施し、グローバルに活躍するリーダーを養成します。
また、進路に応じたキャリア・コース制により、学生の夢の実現を目指します。少数精鋭のグローバル・ロイヤーズ・プログラム、各コースのワークショップなどの充実した講座を設置し、法曹・外交官・公務員・民間企業という多彩なキャリアへ、実力ある人材を育てます。
定員 240名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,119,000円
(2019年4月実績)

文学部

人間学科

専攻名 ●国際日本学
●哲学・歴史学
●表現文化
●異文化コミュニケーション【英語】
●異文化コミュニケーション【日本語】
●異文化コミュニケーション【中国語】
●異文化コミュニケーション【ロシア語】
●社会学
●社会福祉専修
概要 文学部には、文学、歴史、哲学、倫理学、社会学、宗教学、考古学、比較文化論、言語子、コミュニケーション学など、さまざまな学問がありますが、それらを学ぶ中で、人間の可能性を大事にし、異文化を認め、自他の幸福を願える人間主義のリーダーに育たなければならない―ということだと思います。
文学部はこれらの学問を9の分野(8メジャー1専修)に分けています。学生のみなさんはこれらの分野の中からできるだけ多くの学問を教養として学びながら、自分の好むメジャーへ、さらには自分の研究分野と収束させていくことになります。
また、世界市民(グローバル人材)になるためには語学が重要な役割を果たします。上記の学問を身につげる中で、英語に限らず、中国語、ロシア語などの語学を修得し、異文化理解力を培ってください。その効果を上げるために ダブル・ディグリーコースや文学部独自の留学の機会を用意しました。
真摯に学ぶ中で、思考力を鍛え、人間性を磨き、自分が望むキャリアを見つけていってください。
定員 350名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,139,000円
(2019年4月実績)

教育学部

教育学科

概要 教育学科では教職を目指す人はもちろん、行政や国際的な舞台で教育に関する業務を行うことを目標とする人にも対応した幅広い学びが可能です。教育学コース、心理学コース、国際教育コースという3つのコースを設定し、それぞれに段階的な専門科目を用意。いずれか1つのコースの専門科目に加え、別のコースの科目を横断的に履修することも可能です。

●教育学コース:教員免許状取得や教育行政関係の公務員就職を目指すコース
●心理学コース:臨床心理士などの心理関係の公務員や学校カウンセラーを目指すコース
●国際教育コース:開発途上国など世界を舞台にした教育活動を目指すコース
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,139,000円
(2019年4月実績)

児童教育学科

概要 児童教育学科のカリキュラムには、教職課程、とりわけ小学校や幼稚園の教員を目指すための授業内容が多く含まれています。また、小学校における英語教育の本格的な導入や、認定子ども園をはじめとする幼保一体化の動きなど、新しい教育の動きにも対応。単に「教える技術」だけではなく、教師という職業についての考察や子どもの心理について学ぶ授業などを通じて、教育全般に関する豊かな知識と教養を身につけ、人間的な魅力にあふれる教員を養成します。また、特別支援学校教諭免許状も取得できます。これからも幅広い分野の教員を輩出します。
定員 100名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,139,000円
(2019年4月実績)

理工学部

情報システム工学科

概要 コンピュータを中心に情報社会の発展に貢献できる志・技術・発想力を持った人材育成を目標に、時代の流れに対応したカリキュラム、実験や研究に傾注できる施設と設備を整備。教員と学生が顔を向き合わせられるコミュニケーションを重視しながら、学生の好奇心を刺激する環境づくりに力を注いでいます。新しいものを作り出す創造力を養うため、産業界や企業との連携も積極的に行っています。
定員 80名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,519,000円
(2019年4月実績)

共生創造理工学科

概要 物理学、化学、生物学、地学分野の理学と、電子工学、化学工学、生物工学、環境工学にまたがる工学を融合した4つの学際領域(応用物理学、物質理工学、生命理工学、環境理工学)を教育・研究の対象とし、課題解決力・意思表現力・コミュニケーション力を修得。現代の科学的・社会的諸問題を解決していく創造性豊かな発想を持ち、人の健康と生活の支援、人と地球環境の共生など、人類の持続的発展に資する新たな科学技術を創造する人材を養成します。
定員 100名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,519,000円
(2019年4月実績)

看護学部

看護学科

概要 豊富な教養科目と「創価コアプログラム」による「人間力」の養成、看護師育成に特化した「確かな看護実践力」養成カリキュラム、グローバルマインドを持った看護師の育成の3点が特色です。施設環境も非常に充実しており、看護学部棟内には、約3万冊を配架しパソコン席や視聴覚資料閲覧席等も配備された専用図書館、看護技術習得のためのスキルスラボが設置されているほか、入学する学生全員にノートパソコンが4年間貸与されます。
定員 80名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,539,000円
(2019年4月実績)

国際教養学部

国際教養学科

概要 国際教養学部は急速にグローバル化する現代社会が希求する人材を輩出することを目指しています。変化の激しい時代だからこそ、普遍的な教養と豊かな人間性を兼ね備えた人材が求められています。よって、国際教養学部は次の3つの力の育成に注力します。すなわち、批判的思考、コミュニケーション・スキル、そして、異文化理解です。その実現のために、世界標準の要求度の高い授業、双方向の教員と学生の密度の高い交流を可能にする少人数教育、そして、多国籍の教授陣と1セメスターの海外留学プログラムを提供しています。
定員 90名
対象 男女
年限 4年
学費 初年度納入金
1,359,000円
(2019年4月実績)
※半年間の留学費用を含む。

主な就職先・ キャリアサポート

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2018年3月卒業生実績

  • 旭化成(株)
  • アクセンチュア(株)
  • ANA関西空港(株)
  • (株)エヌ・ティ・ティ・データ
  • NTT西日本
  • (株)大林組
  • オムロン(株)
  • 京セラ(株)
  • ゴールドマン・サックス証券(株)
  • (株)時事通信社
  • 清水建設(株)
  • (株)JALスカイ九州
  • 全日本空輸(株)
  • JR東日本
  • 大成建設(株)
  • (株)帝国データバンク
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • 凸版印刷(株)
  • 日本アイ・ビー・エム(株)
  • 日本航空(株)
  • 日本電産(株)
  • 日本赤十字社
  • 日本ヒューレット・パッカード(株)
  • 日本マイクロソフト(株)
  • (株)日本旅行
  • (株)日立製作所
  • (株)広島銀行
  • (株)百十四銀行
  • ファイザー(株)
  • 富士通(株)
  • (株)北洋銀行
  • 三井物産(株)
  • (株)三菱UFJ銀行
  • 三菱自動車工業(株)
  • ヤマハ発動機(株)
  • ユニリーパ・ジャパン(株)
  • 厚生労働省
  • 国土交通省
  • 航空管制官
  • 外務省専門職
  • 大阪府庁
  • 世田谷区役所
  • 横浜市役所
  • 東京消防庁
  • 広島市・中学校教諭(英語)
  • 東京都・小学校教諭
  • 福岡県・小学校教諭
  • 独立行政法人 国際協力機構
  • 国立国際医療研究センター病院
  • 東京大学医学部附属病院
  • …など

キャリアサポート

■進路が決まった4年生によるサポート
「キャリアサポートスタッフ(CSS)」
1、2年生に進路について考える機会を提供。キャリア科目のサポート、後輩学生との面談、卒業生を招くイベントを開催するなど、仕事のやりがいやビジョンを伝えます。
「リクルートサポートスタッフ(RSS)」
就職活動に挑む3年生を支援。キャリア科目のサポートや就職活動イベントの企画・運営。面接やエントリーシート、履歴書の書き方など、具体的にアドバイス。

■キャリア科目(授業によるサポート)
(一例)
「キャリア開発フォーラム(1、2年次春学期)」
 卒業生を講師に迎える講演型の授業。ワークスタイルを考える機会を提供。
「キャリアデザイン基礎(1年次秋学期)」
 大学生活の過ごし方、キャリアデザインを実践的に行う。
「キャリアビジョンI(3年次秋学期)」
 民間企業就職希望の学生に、就職活動で必要な知識の習得と事前準備を行う。
「キャリアビジョンII(4年次秋学期)」
 卒業後のキャリアデザインを行い、実社会で「即戦力」として活躍できるために必要なコミュニケーション力を習得する。

各種制度

創価大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

創価大学は留学制度もサポート体制も充実

本学のネットワークは60カ国・地域・207大学(2018年10月現在)と世界各国へと広がり、学生が夢の実現のために積極的に留学にチャレンジしています。留学制度は、交換留学、認定留学、海外短期研修、海外インターンシップ、海外ボランティアなど、充実した制度が整っています。希望者へのガイダンスをはじめ、相談には国際課スタッフが丁寧に対応するなどサポート体制を取っています。交換留学の場合は国際奨学金を全員に支給。また留学中は週1回、大学の情報や他の留学生の声などを情報メールで発信し、気軽に大学と連絡が取れるようにサポートしています。自分で留学先等を自由に選定する私費留学の場合でも同様に対応します。この密接なコミュニケーションが学生の大きな安心になっています。
また、在学中に6カ月以上の長期留学を経験した学生の有志団体「創価大学ワールド会」は、学内の「留学情報ステーション」で留学を目指す後輩の相談を受けたり、留学サポートイベントや外国人留学生との交流イベントを開催しています。

ワールド・ランゲージ・センター

創価大学では開学当初から国際的に活躍できる人材の育成に力を注いできました。その成果の一つがキャンパス内に世界50カ国・地域から約800名の留学生が集まっていること。より実践的な語学学習の場、ワールド・ランゲージ・センターでは、さまざまな国のさまざまな言語が飛び交い、まるで外国にいるよう。生きた語学を学び、スキルアップが望めます。48言語の教材が配架されており、学生が自主的に学べるオープンな環境の中で、スタッフが学生の目的やレベルに合わせてきめ細かく指導します。

グローバル・シティズンシップ・プログラム

将来、国際社会を舞台に活躍したい、そうした志を強く持つ学生を全力で応援するのがグローバル・シティズンシップ・プログラム(GCP)です。GCPは6学部(経済・経営・法・文・教育・理工)を対象に、徹底した英語教育で世界に通用する英語力を養成し、社会システムを読み解く力(数理能力)をトレーニング。4年間にわたって少人数制によるきめ細かい指導を行います。
最初の2年間で9割がTOEIC800点以上を獲得し、外交官、国内外の難関大学院、ロースクール、公認会計士、教員、グローバル企業など多彩な分野への人材を輩出しています。

学生寮

学生寮では、新入生の約6割にあたる約1,000名が1年間の寮生活を送っています。2年生が残寮生としてサポートにあたるため、安心して新生活を送ることができます。また、国際学生寮は滝山国際寮(男子)、万葉国際寮(女子)をはじめ3棟。外国人留学生と日本人学生が共同生活を送り、普段から異文化交流をしています。

教職キャリアセンター

将来教職を目指す学生のためのセンター。単に教員採用試験の対策を行うだけでなく、真の教育者としての高い資質を養うために、全面的なサポートを行っています。公立学校の校長経験者による相談会をはじめ、試験対策としては、論作文・面接対策講座、公開模試などを実施。教育実習時には、経験豊富な講師がきめ細やかに指導を行っています。毎年200名を超える学部生・通強生・卒業生が教員採用試験に合格しています。
教職資料センターでは全国の採用試験情報や受験参考書、関連雑誌、500冊を超える小中高の教科書などを揃え、本学出身の教育者による教育実習指導案などの資料、創立者の著作、牧口常三郎全集など、創価教育に関する書籍の閲覧も可能です。
受験者に快適な学習空間を提供しています。

国家試験研究室

通称「国研」。国家試験対策として、法律教育センター・会計税務教育センター・行政教育センターの3つのセンターを設置し、難関といわれる司法試験、公認会計士試験、税理士試験、外務省専門職員採用試験、国家公務員I種試験など国家試験を必要とする資格や職業を目指す人のための指導機関です。
教員はもちろん、現職で活躍する本学出身の弁護士や公認会計士、税理士、合格したばかりの先輩方などが講師となり、講義や少人数制のゼミ、答案演習などきめ細かい指導を実施しています。
勉強面だけではなく、大学の通常の授業との両立や生活に関するアドバイスを行うなど、先輩と受験生とのつながりが強いことも伝統となっています。

SPACe

中央教育棟2階にある約2,000㎡の広大なエリア、SPACe。「学生の学びを360°サポートする」をコンセプトに、学部生はもとより、大学院生、留学生、教職員が互いの学びをサポートする場として機能しています。
英語をはじめ、幅広い言語に触れられるのはもちろん、本学の語学教育の目標である「その国の文化を理解し、使える語学を身につける」ことを具現化。SPACeは、アクティブな学びの場として広く活用されています。

奨学金制度

安心して学業に専念できるよう、創価大学独自の奨学金を豊富に設けており、経済面でのサポートを行っています。
本学独自の奨学金制度はすべて給付型奨学金です。学業への熱意を経済面から支援するだけでなく、特待生制度や留学支援など、自らの目標に向けてアクションを起こす学生を力強くサポートしています。
なお、経済支援を目的とする給付型奨学金は、国の制度の改変に合わせて、大学独自の制度を検討中です。2019年秋頃発表予定です。

【おもな奨学金制度】
<学業成績優秀者のための奨学金>
・創価大学特別奨学生
 授業料等の半額を4年間免除。各入試の上位合格者を採用
・Learning Agreement(LA)奨学生
 大学入試センター試験利用入試で高い得点率での合格を条件に、授業料等半額免除などを受験前に先行確約。条件を満たせば必ず採用。
・創価大学特待生
 成績優秀者を奨励!セメスターごとに15万円を給付

学びの分野/学校の特徴・特色

創価大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 福祉・介護
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 教育・保育

創価大学で目指せる職種

  • コンピュータ・Web・ゲーム
  • 環境・自然・バイオ
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 福祉・介護
  • 教育
  • 保育・こども
  • ビジネス・経営
  • 語学・国際
  • 公務員・政治・法律
  • 旅行・ホテル・ブライダル・観光
  • マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画

創価大学の特徴

  • 地方入試
  • センター利用入試制度
  • ネット出願
  • 特待生制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 通信教育課程
  • 学生寮
  • 学生用駐車場
創価大学の学部・学科情報はこちら

創価大学の所在地

所在地

〒192-8577
東京都八王子市丹木町1-236

交通機関・最寄り駅

JR「八王子」駅の北口ロータリー内、12番もしくは14番(時間帯により変更)バスのりばから「創価大学循環」行き、もしくは「創価大学正門・東京富士美術館」行きのバスにて約20分。

電話でのお問い合わせはこちら 開く

お問い合わせの際に、「マイナビ進学を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

042-691-4617

創価大学のお問い合わせ先

アドミッションズセンター

電話 042-691-4617
FAX: 042-691-9310
Mail: nyushi@soka.ac.jp

  • 学校No.135
  • 更新日: 2019.08.22