慶應義塾大学の情報満載

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

「独立自尊」の精神で社会をリードする人材を育成

慶應義塾は、幕末の激動の時代に福澤諭吉によって開かれ、「全社会の先導者たらんことを欲す」という福澤諭吉の志を継承し、これまであらゆる分野で社会を先導する人材を輩出し続けてきました。グローバル化や少子高齢化など大きな構造変化が進む現代社会においても、確固とした「独立自尊」の精神に基づき、教育、研究、医療、社会貢献、国際連携などのさまざまな分野で、未来の日本と世界に貢献する人材育成にあたります。また、多様な資質を持った人材が全国各地から集う学塾として、学生のニーズに対応する奨学金制度の拡充や学生寮の充実をはかっています。

慶應義塾大学 PRイメージ1
慶應義塾大学 PRイメージ2
慶應義塾大学 PRイメージ3

トピックス

2017.03.01

東京五輪における英国五輪チーム事前キャンプ地に決定

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにおいて、英国五輪チームが慶應義塾大学日吉キャンパスの体育施設において大会前の事前トレーニングキャンプを実施することが決定しました。
英国チームの受け入れが、スポーツ面での交流やキャンパスのグローバル化に繋がり、また、学生がオリンピック本来の趣旨や意義を理解し、さらに深く英国を理解する機会となることが期待されています。

2017.03.01

学生寮の充実

慶應義塾大学では、地方および海外からの学生へのより積極的な入学支援、学生生活支援のため、学生寮の充実をはかっており、現在、日吉寄宿舎、下田学生寮、大森学生寮、綱島学生寮、元住吉宿舎があります。2017年3月には、慶應義塾大学初の留学生・日本人学生混住ユニット型「慶應義塾大学日吉国際学生寮(仮称)」を新設し、2018年3月には「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」に国際学生寮を新設する予定です。

2017.03.01

経済学部・商学部における英語による教育プログラム

経済学部では、世界的に活躍するキャリアを築くことをめざす3~4年生を対象に、実践的な経済学教育を少人数クラスかつ英語で提供する「PCP(Professional Career Programme)」を開講しています。講義・質疑応答・試験のほか、コーディネーターとの会話・連絡は、全て英語で行われます。まず基礎となる経済学的な考え方および数量的分析手法を習得。その後、各自の興味に従い、5つの専攻コースから1つを選択し、より専門的な領域の基礎知識を学びます。
商学部では、3~4年生を対象とした英語で行う選抜プログラム「GPP(Global Passport Program)」を開講。その目的は「グローバルに活躍する人材に求められる高い知的レベル、チャレンジ精神、自立心や多様性に対する理解度を育むための教育の実践」にあります。理論に即し、現実社会を強く意識した教育を実践すべく、少人数のワークショップを必修としています。ワークショップは留学生も参加し、さらに外部の専門家講師が担当しています。これを通じ、多様性の高い環境下での適応能力、コミュニケーション力やリーダーシップの向上を目指します。

2017.03.01

英語で単位を取得する「PEARL」(経済学部)と「GIGAプログラム」(総合政策学部・環境情報学部)

PEARLは、4年間一貫して英語で経済学を学ぶプログラムとして、 2016年 9月にスタートしました。主な特徴として、能力と意思のある学生には5 年間で学士号と修士号の双方を授与します。また、連携する海外のパートナー校から一流の教授陣を招聘すると同時に、インターネット等を駆使した双方向遠隔授業を活用したり、経済学の授業のほか、福澤諭吉の思想や日本の近代化に関する授業、ビジネス関連の授業、インターンシップ等を設けたりします。講義のみでなく、ゼミ、研究プロジェクトのほか、現存する PCPの授業を取り入れ、4年間一貫して英語で学ぶカリキュラムを提供し、ダブル・ディグリー制度や交換留学制度を利用した海外留学を奨励します。
GIGAプログラムは、慶應義塾大学の学部における初めての英語による留学生向けプログラムとして、2011年9月に環境情報学部でスタートし、2015年9月には総合政策学部も加わりました。コアとなる授業はすべて英語で提供され、卒業に必要な単位を英語のみにより修得することができるのが特徴です。このプログラムで展開される授業は一般入試等で入学した国内の高校出身の学生も履修が可能です。

2017.03.01

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択

慶應義塾大学は、文部科学省の平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」事業に、世界レベルの教育研究を行うトップ型(タイプA)の大学として採択されました。
「スーパーグローバル大学創成支援」事業は、徹底した国際化と大学改革を断行する大学を重点支援することにより、我が国の高等教育の国際競争力を強化することを目的として実施されます。世界レベルの教育研究を行うトップ型(タイプA)と、先導的試行に挑戦し、我が国の大学の国際化を牽引する型(タイプB)が公募され、慶應義塾大学は、トップ型13大学のうちの1校として選定されました。
慶應義塾大学では、「実学(サイエンス)」によって地球社会の持続可能性を高め、世界に貢献します。具体的には、豊かな長寿社会をつくるための「長寿」、安全で安心な社会をつくるための「安全」、創造性の高い社会をつくるための「創造」という3つのクラスターに対し、学内の各研究成果を学問横断的に応用して課題解決を図ります。また、そこから得られた知見のフィードバックによる、個々の研究や教育のさらなる深化という良いサイクルを生み出すことで、国際貢献を向上させようと考えています。

募集内容・学費(2017年4月実績)

慶應義塾大学の募集内容や学費をチェックしておこう!

文学部

人文社会学科

コース・専攻名 ・哲学専攻
・倫理学専攻
・美学美術史学専攻
・日本史学専攻
・東洋史学専攻
・西洋史学専攻
・民族学考古学専攻
・国文学専攻
・中国文学専攻
・英米文学専攻
・独文学専攻
・仏文学専攻
・図書館・情報学専攻
・社会学専攻
・心理学専攻
・教育学専攻
・人間科学専攻
定員 800名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,303,350円
(2017年度)
施設設備費を含む

経済学部

経済学科

定員 1200名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,308,350円
(2017年度)
施設設備費を含む

法学部

法律学科

定員 600名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,313,350円
(2017年度)
施設設備費を含む

政治学科

定員 600名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,313,350円
(2017年度)
施設設備費を含む

商学部

商学科

定員 1000名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,309,850円
(2017年度)
施設設備費を含む

医学部

医学科

定員 113名
年限 6年
学費 初年度納入金
3,833,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

理工学部

機械工学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

電子工学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

応用化学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

物理情報工学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

管理工学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

数理科学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

物理学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

化学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

システムデザイン工学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

情報工学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

生命情報学科

定員 理工学部合計 932名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,813,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

総合政策学部

総合政策学科

定員 425名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,541,350円
(2017年度)
施設設備費を含む

環境情報学部

環境情報学科

定員 425名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,541,350円
(2017年度)
施設設備費を含む

看護医療学部

看護学科

定員 100名
年限 4年
学費 初年度納入金
1,805,850円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

薬学部

薬学科

定員 150名
年限 6年
学費 初年度納入金
2,383,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

薬科学科

定員 60名
年限 4年
学費 初年度納入金
2,123,350円
(2017年度)
施設設備費・実験実習費を含む

主な就職先・ 就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先

2016年3月卒業・修了生、2015年9月卒業・修了生実績

  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三井住友銀行
  • 東京海上日動火災保険
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 慶應義塾大学病院
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 東京都
  • 野村證券
  • 三井住友海上火災保険
  • 損害保険ジャパン日本興亜
  • SMBC日興証券
  • 三菱商事
  • 大和証券
  • 電通
  • 日本電気
  • 三井住友信託銀行
  • 三井物産
  • ソフトバンク
  • 三菱電機
  • 日本放送協会
  • 第一生命保険
  • 東芝
  • 日立製作所
  • 富士通
  • 野村総合研究所
  • アクセンチュア
  • エヌ・ティ・ティ・データ
  • トヨタ自動車
  • 住友商事
  • 日本アイ・ビー・エム
  • 日本生命保険
  • 明治安田生命保険
  • 伊藤忠商事
  • 日本航空
  • 日本政策金融公庫
  • 楽天
  • 丸紅
  • ワークスアプリケーションズ
  • 全日本空輸
  • キヤノン
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • 新日鐵住金
  • ソニー
  • 東日本電信電話
  • りそなグループ
  • ゆうちょ銀行
  • 新日本有限責任監査法人
  • 日産自動車
  • 東京瓦斯
  • キーエンス
  • …など

就職支援

就職・進路相談

三田、矢上、湘南藤沢、芝共立の各キャンパスには就職・進路担当部署が設置され、就職活動に関することをはじめ、大学院進学、資格試験受験準備、公務員試験受験準備など、進路選択全般についてどのようなことでも相談が可能です。
就職・進路支援担当部署のスタッフは、日々、塾生の就職活動や進路選択の状況に接し、多くの人事採用担当者との情報交換を行うことにより、大学生の就職・進路に関する情報が世間に氾濫する中、的確に状況を把握し、かつ塾生にマッチしたサポートを行える体制を整えています。

学内就職・進路ガイダンス

就職活動や進路選択のうえでおさえておきたい入門セミナーをはじめ、就職活動の進め方、履歴書・エントリーシートの書き方、面接対策、塾員(卒業生)による座談会、内定者(4年生)による座談会、企業の人事担当者などによる業界研究、各種業務説明会、公務員志望者向けなど複数のセミナーを、各キャンパスの特色を活かしながら、全キャンパスで年間約150回程度開催しています。

各種制度

慶應義塾大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

学生のニーズに対応するさまざまな奨学金

慶應義塾大学は成績優秀者を対象とした奨学金、家計状況が急変した際の支援、地方出身者や海外でのグローバルな学習活動への支援など、学生のニーズに対応するさまざまな奨学金を用意しています。

〈給付型奨学金制度の一例〉
■慶應義塾大学給費奨学金…年額20万円
■慶應義塾維持会奨学金…年額最高で80万円
■慶應義塾大学特別奨学金…授業料の範囲内
■学問のすゝめ奨学会〈一般入試前予約型・地域ブロック別奨学金〉…年額60~90万円
■その他にも給付型奨学金(返済不要)が多数

地方出身者対象「学問のすゝめ奨学金」

この奨学金は、本学の学部第1学年に入学を強く希望する日本国内(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県を除く)の高等学校等出身者で、人物および学業成績が優秀であるにもかかわらず、経済的理由により本学への入学に困難である受験生に対し、経済的支援を行うことを目的とします。奨学金額は年額60万円(医学部は90万円、薬学部薬学科は80万円)で、毎年の申請・審査により2年目以降も継続受給が可能です。
選考プロセスとしては、まず、一般入学試験前に申請を受け付け、奨学生候補者(500名)を決定します。その後、一般入学試験に合格し、入学後に所定の手続きを行うことで奨学生として採用されます。この奨学金は、道・府・県をブロック単位に分け、地域ブロックごとに給付人数を設定することで、地域の偏りをなくしている点も大きな特徴です。

医学部独自の合格時保証奨学金制度を創設

医学部では、優秀な学生を支援するため、医学部の一般入学試験成績上位者10名に、第1学年~第4学年の各年度で継続的に1人あたり年間200万円(総額800万円)を給付する大型奨学金「医学部合格時保証奨学金制度」を2015年度に創設しました。
【特徴】
○合格発表時に給付候補者を決定・通知する奨学金です。
○対象は医学部一般入学試験の成績上位者10名で、事前申請の必要はありません。
○受給にあたり家計支持者の年収制限はありません。
○給付型の奨学金なので、原則として返済の義務はありません。
○研究医養成プログラム(MD‒PhDコース)選択者は、5,6年における「研究医養
成奨学金」が加わり6年間の給付総額が1,000万円となります。

学びの分野/学校の特徴・特色

慶應義塾大学で学べる学問

  • 文学・歴史・地理
  • 法律・政治
  • 経済・経営・商学
  • 社会学・マスコミ・観光
  • 人間・心理
  • 語学・外国語
  • 国際・国際関係
  • 数学・物理・化学
  • 工学・建築
  • 情報学・通信
  • 地球・環境・エネルギー
  • 農学・水産学・生物
  • 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ
  • 体育・健康・スポーツ
  • 教育・保育
  • 芸術・表現・音楽
  • 総合・教養

慶應義塾大学で目指せる職種

  • 機械・電気・化学
  • 建築・土木・インテリア
  • 医療・歯科・看護・リハビリ
  • 教育
  • ビジネス・経営
  • 公務員・政治・法律
  • デザイン・芸術・写真

慶應義塾大学の特徴

  • AO入試制度
  • 独自奨学金制度
  • 資格取得支援制度
  • 交換留学制度
  • インターンシップ
  • 大学院
  • 通信教育課程
  • 学生寮
  • 最寄駅より徒歩圏内

慶應義塾大学の所在地

三田キャンパス

所在地

〒108-8345
東京都港区三田2‐15‐45

交通機関・最寄り駅

JR山手線・京浜東北線「田町」駅下車、徒歩8分。
都営地下鉄浅草線・三田線「三田」駅下車、徒歩7分。
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅下車、徒歩8分。

慶應義塾大学のお問い合わせ先

【三田キャンパス】入学センター

電話 03-5427-1566 (直)
Mail: admissions@info.keio.ac.jp

  • 学校No.116
  • 更新日: 2017.04.17

慶應義塾大学に通いやすいお部屋は
マイナビ賃貸で探そう!

慶應義塾大学