NASAの職員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

NASAの職員

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の仕事
NASAの職員

どんな
職種?
宇宙事業と宇宙飛行士の管理を行う連邦機関での仕事

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、宇宙に関するさまざまな研究や開発を行う世界最大規模の公的専門機関。日本国内でNASAと同じ役割を果たしているのは、独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)。NASAの場合はアメリカ国籍がなければ正職員にはなれないが、期間限定の職員なら不定期に募集があり、国籍も問われない。ただし高度な航空知識や語学力、物理学や天文学の知識を求められるので、職員をめざす場合はこれらの学問を習得しておく必要がある。海外の大学へ進学してめざすケースも多い。

こんな人に
おすすめ!
宇宙に対する強い探究心と堪能な語学力をベースにさまざまな分野の知識が必要

宇宙学や地球学、航空学、物理学、通信学など幅広い分野において高く専門的な知識が求められる。小さな疑問や発見を見逃さず、研究熱心であることが重要だ。NASA(アメリカ航空宇宙局)は拠点がアメリカであり、さまざまな国の職員が働いているため、コミュニケーションツールとなる英語力が高いレベルで必要とされる。

NASAの職員

NASAの職員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:宇宙・地球学、コミュニケーション学、人間科学、心理学、語学(外国語)、物理学、機械工学、電気工学、電子工学、材料工学、金属工学、航空・船舶・自動車工学、通信工学、情報工学など
  • 採用試験 就職先:NASA関連会社、NASAなど
  • NASAの職員
  • Point1

    JAXA(宇宙航空研究開発機構)などNASA関連会社で働き、実務経験を積んだ後にNASA職員の募集に応募するのが一般的だ。

  • Point2

    NASAの正規職員になるためにはアメリカ国籍が必要である。

宇宙系のその他の仕事

NASAの職員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける