天文台の職員になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

天文台の職員

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の仕事
天文台の職員

どんな
職種?
天体の研究、観測に特化した天体施設で研究や技術を役立てる

天文台とは、天体の研究、観測を行う施設。日本では世界最先端の観察所といわれる国立天文台が有名だ。天文台の職員は研究者・技術職員・事務職員の3つに分かれており、研究者は基本的には公募だが、博士号の所持者が対象であることが多く、大学の教授や准教授などが就くのが一般的。技術者と事務職は公務員がその業務にあたることになっており、公務員試験合格者の中で、天文台への勤務を志望した人から選ばれる。

こんな人に
おすすめ!
宇宙に興味があり、データの数字を用いて論文作成ができる文章力のある人

未だ解明されていないことが多い天文学を研究するために、物事を深く掘り下げ、追及する好奇心が必要である。そのため、集中力があり、研究熱心な人に向いている。複雑で未解明な宇宙に、興味を持っているかどうかも重要だ。データなどをまとめるための数値分析能力や、論文作成で必要な文書力も求められる。

天文台の職員

天文台の職員を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:地理学、コミュニケーション学、宇宙・地球学、総合科学など
  • 採用試験 就職先:プラネタリウム、大学、出版社など
  • 天文台の職員
  • Point1

    博士号取得者が採用条件となるのが一般的なため、大学院まで進み、博士号を取得しておくといいだろう。海外での活動もあるため、語学に関する資格も役に立つ。

  • Point2

    博士号を持っていることの他に、公務員試験の合格者の中から選ばれることもある。大学卒業後も、実績と経験を積むことが重要。

宇宙系のその他の仕事

天文台の職員
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける