ディスパッチャーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

ディスパッチャー

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の仕事
ディスパッチャー

どんな
職種?
航空機の最善な飛行ルートを作成する地上のパイロット

航空機の運航において重要な役割を担うことから、地上のパイロットと呼ばれるディスパッチャー。空路をはじめ、離着陸空港の気象状況、乗客や荷物の重量、非常時の進路変更による代替空港の選定など、あらゆる情報を収集・分析し、目的地までの最も安全で効率のよい飛行プランの作成をする。さらに離陸後も航空機が安全に運行できているか、無線で確認、管理をしている。ディスパッチャーになるには2年以上の運航関係業務を経た後に、国家資格である「運航管理者」と「航空無線通信士」の資格が必須になる。

こんな人に
おすすめ!
情報収集能力、分析能力、判断力に加え強い責任感が必須

「地上のパイロット」とも呼ばれる職種であるため、気象状況や機体の状態、周囲のフライトの状況など、さまざまな情報を取り扱う。安全にかつ効率よくフライトプランを作成するために、収集能力や分析能力、的確で冷静な判断力が求められる。学び続ける向上心があり、空の安全を自ら作成したフライトプランでサポートしたい人におすすめだ。

ディスパッチャーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:航空・船舶・自動車工学、語学(外国語)、応用物理学、コミュニケーション学、心理学、通信工学など
  • 国家資格:航空無線通信士、運航管理者技能検定
  • 採用試験 就職先:空港、航空会社、航空関係会社など
  • ディスパッチャー
  • Point1

    航空会社へ就職し2年以上の実務経験を経た後、運航管理者技能検定を取得する必要がある。

  • Point2

    ディスパッチャーとして働くためには「航空無線通信士」の資格取得と「運行管理者技能検定」に合格することが必須である。

航空系のその他の仕事

ディスパッチャー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける