ヘリパイロットになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

ヘリパイロット

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の仕事
ヘリパイロット

どんな
職種?
取材や災害救援活動にも活躍するヘリコプターの操縦士

事件・事故、災害現場などの上空で見かけるヘリコプター(ヘリ)。遊覧などの行楽や農薬散布にも使われるが、狭い場所や山林といった複雑な地形にも向かえることで、救助・救援活動でも活躍している。ヘリパイロットには国家資格が必要で、自家用(趣味活用)、事業用(仕事活用)で試験が分かれており、仕事としてのパイロットを目指す人は事業用の資格である「回転翼事業用操縦士」の免許が必須になる。さらに自家用、事業用ともに「航空特殊無線技士」「航空無線通信士」のいずれかの資格取得も義務付けられている。

こんな人に
おすすめ!
多様な情報を瞬時に収集・分析する能力と健康な体を維持する自己管理能力が求められる

天候や機体の状態など、さまざまな情報を瞬時に収集・分析する能力が必要。複数の事を同時進行で進めていける人に向いている。また、フライトに関わる多くの人とコミュニケーションを取りながら仕事をするため、協調性も必要不可欠である。定期的に身体検査が行われるため、健康な体を維持できる自己管理能力も大切だ。

ヘリパイロットを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:航空・船舶・自動車工学、語学(外国語)、応用物理学、コミュニケーション学、心理学、通信工学など
  • 国家資格:事業用操縦士免許、無線従事者、自家用操縦士
  • 採用試験 就職先:海上保安庁、ドクターヘリ、新聞社など
  • ヘリパイロット
  • Point1

    英語を勉強していた方が専門用語が理解しやすい。事業用操縦士免許の資格受験には飛行経験が必須なので、専門的に学べる学校に入学した方が有利。

  • Point2

    自家用操縦士の資格を取得後、仕事として操縦するためには事業用操縦士の資格も必要である。

航空系のその他の仕事

ヘリパイロット
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける