東北エリアの国際・国際関係が学べる、そのほかを目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

東北

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

国際・国際関係

目指せる職種
指定する

そのほか

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

東北エリアの国際・国際関係が学べる、そのほかを目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

私立大学宮城県

石巻専修大学

多様な学びの力で、学生一人ひとりが夢の実現に向けて飛躍できる大学

広大なキャンパスで石巻専修大学を体感しよう!!

オープンキャンパス宮城県

2021年度 オープンキャンパス

広大なキャンパスで石巻専修大学を体感しよう!!

オープンキャンパスは石巻専修大学をリアルに感じていただける絶好の機会。 当日は学生スタッフによるキャンパスツアー、研究室公開、入試対策説明会など、さまざまなプログラムを体験することが出来ます。 ぜひご来場ください!! <主な内容> 大学まるわかり説明会/個別相談コーナー/キャンパスツアー ほか 参加方法やプログラムなど決定しましたら、お知らせしますので、学校ホームページをご覧ください。 ※https://www.senshu-u.ac.jp/ishinomaki/

開催日
  • 06/27(日)
  • 07/25(日)
  • 08/21(土)
  • 09/05(日)
  • 03/27(日)
受験相談会

その他のイベント宮城県

2021年度 受験相談会

受験相談会

受験に関することや学生生活など、専属スタッフが皆さんの希望に合わせて対応します。 学生寮の見学など、“見たい” “知りたい”に、1家族(1組)ごとに丁寧に対応します。 <主な内容> 個別相談+施設見学 ※内容の詳細はお問い合わせください。 入学試験係 TEL0225-22-7717 nyushi@isenshu-u-ac.jp

開催日
  • 10/03(日)
  • 11/07(日)
  • 12/12(日)

国際・国際関係・動物・植物に関するニュース

  • 海外では「告白」をしないらしい! どうやって恋人になるの?

    海外では「告白」をしないらしい! どうやって恋人になるの?

    『あいのり」や『テラスハウス」など恋愛をテーマにした番組の目玉といえば「告白シーン」です。自分の思いを伝える姿に見ている方も思わず胸がキュンキュンしてしまう人も多いのではないでしょうか? しかし、外国人がこれらの番組を見ると、「告白」に対して日本人とは違う反応をするようです。

  • 大学入試や就職時にもメリットが!? 世界遺産検定とは?

    大学入試や就職時にもメリットが!? 世界遺産検定とは?

    2018年6月、日本史でもお馴染みの島原・天草一揆が起こった場所を含む、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産として登録されました。国内の世界遺産としては、文化遺産・自然遺産と合わせて22件目の登録となりました。

  • 国際NGOプラン・インターナショナル 内山雄太さんに聞く、途上国の現状について

    国際NGOプラン・インターナショナル 内山雄太さんに聞く、途上国の現状について

    日本に住む私たちは、男女関係なく当たり前に勉強をし、大人になれば自分で決めた相手と結婚をすることができます。 途上国では教育を受けさせてもらえず13歳や14歳という若さで結婚や出産を強いられる女の子たちがいることを知っていますか? 日本に住んでいるとあまり実感できない途上国の現状について、子どもの権利を推進し支援する公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの内山雄太さんにお話を伺いました。

  • 日本の高校生がノーベル賞!? 高校生でもノーベル賞が取れる?

    日本の高校生がノーベル賞!? 高校生でもノーベル賞が取れる?

    ノーベル賞といえば物理や化学などで大発見をした人に贈られる賞というイメージがあるかもしれませんが、今年のノーベル賞に日本の高校生たちがノミネートされたことを知っていますか? ノミネートされたのは平和賞という部門。一体どんな功績が認められたのでしょうか。

  • 国が違えば花火の形も違う? 静かに見る日本人とド派手に楽しむ外国人

    国が違えば花火の形も違う? 静かに見る日本人とド派手に楽しむ外国人

    夏の風物詩といえば、海、プール、セミの鳴き声、そして花火ですよね。毎年家族や友達と花火大会に出掛ける人も多いのではないでしょうか? そんな花火に対する印象は、日本と海外では大きく違うようです。どんな点が違うのでしょうか。