レコーディングプロデューサーが学べる北海道エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

音楽・イベント音楽づくりレコーディングプロデューサー

この条件で検索する

レコーディングプロデューサーが学べる北海道エリアの学校検索結果

3

1-3件を表示

レコーディングプロデューサーの仕事内容とは?

一つの楽曲が商品として世に出回るまでに、レコーディング・パッケージの制作・宣伝・販売など、いくつもの工程があり、そこには多くの人が関わることになる。レコーディングプロデューサーの仕事は、このすべての工程・スタッフを取りまとめること。具体的には制作費の管理や、スタッフの配置、スケジューリング、広告宣伝などが挙げられる。音楽に関しては当然のこと、ビジネスに関しても十分な知識を持っていなければ務まらない重要なポジションだ。レコーディングプロデューサーは対象となる楽曲やアーティストのことを「演奏能力」「世間でのイメージ」などの観点から熟慮した上で、例えば「どのデザイナーに頼めばより良いCDジャケットができるか」「どのアレンジャーに頼めば曲を最大限にブラッシュアップしてくれるか」といった判断も下すため、人脈・引き出しの多さも仕事をする上で重要な要素となってくる。レコーディングプロデューサーになるためには、レコーディング会社や原盤制作会社に就職し、複数の部署に渡って経験を積み、能力を認められなければならない。レコーディングのスケジュールはハードで、アルバム制作時などは連日深夜・朝方までスタジオにこもりきりになることも。会議や接待に追われ多忙をきわめることもあり、プライベートの時間を犠牲にしてまで音楽に関わりたい、という強いモチベーションは欠かせないだろう。