Webコンテンツプランナーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「コンピュータ・Web・ゲーム」に戻る

Webコンテンツプランナー

コンピュータ・Web・ゲーム系の仕事
Webコンテンツプランナー

どんな
職種?
見やすく使いやすいWebサイトのコンテンツを考案

たくさんの人に見てもらえるWebサイトをめざし、コンテンツを考える仕事。クライアントの要望を把握した上で、流行やエンドユーザーのニーズ、見やすさ、使いやすさを加味したコンテンツを考案。方向性が決定したら制作スタッフに指示を出し、カタチにしていく。Webデザイナーが兼任するケースも多く、経験を積んだ後フリーランスで活躍する人もいる。Webデザインの知識のほかに、発想力や柔軟な思考力が必要とされる。また、マーケティングや世の中の動向にも敏感でなければならない。

こんな人に
おすすめ!
依頼主の要望を形にする柔軟な発想力や提案力が求められる

ユーザーに役立つWebコンテンツを考える発想力、実際にWebサイトを作るスキルが必要な職種だ。依頼主の要望を把握するだけでなく、作成するサイトが見やすいかどうか、使いやすいかどうかなど、ユーザー目線でコンテンツを判断する能力も求められる。時代に即したデザインやコンテンツを把握するため、最新のWebデザインやマーケティングなどに敏感な人に向いている仕事だ。

Webコンテンツプランナーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、情報学、通信工学、デザイン、映像、写真、メディア学など
  • 採用試験 就職先:Webサイト制作会社、Webデザイン事務所、広告代理店など
  • Webコンテンツプランナー
  • Point1

    WebコンテンツプランナーはWebデザイナーと兼任する場合が多いので、Webデザイナーの資格を取得していると有利である。

  • Point2

    「マーケティング・ビジネス実務検定」を持っていることで依頼主に対してデザインだけでなく、マーケティングやビジネスに関する知識があることを示せる。

Web系のその他の仕事

Webコンテンツプランナー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける