イラストレーターになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「デザイン・芸術・写真」に戻る

イラストレーター

デザイン・芸術・写真系の仕事
イラストレーター

どんな
職種?
あらゆる媒体のイラストを作成。オリジナルを販売する人も

手描き、もしくはパソコンを使ってイラストを制作する仕事。活躍の場は広告、雑誌・書籍といった印刷物、ホームページ、企業のキャラクターデザインなど。写実絵画からデフォルメされたものまで需要の幅は広い。依頼に応じて多様な絵柄を描き分ける人もいれば、独創的なタッチに一貫する人もいる。後者は受注制作だけでなく、オリジナルグッズや画集、SNS(ソーシャルネットサービス)向けツールなどをつくって販売することも。いずれの場合も経験を積んだ後、フリーランスで活躍することが多い。

こんな人に
おすすめ!
画力とオーダー内容をくむ能力。画像編集ソフトを使えると有利

当然、絵を描くことが好きでなければ務まらない。線描、着彩、表情付けなどのテクニックを磨いて個性を確立する努力が大切。一見個人プレーの仕事だと思われがちだが、依頼主の要望をくむ力も必要とされる。手描きがメインでも、納品や修正対応はパソコン上で行うことが多いので、イラスト作成ソフトの操作スキルやDTP、およびホームページ作成の知識があれば仕事の幅が広がる。

イラストレーター

この職種は文系?理系?

  • 1段階
  • 2段階
  • 3段階
  • 4段階
  • 5段階

イラストレーターを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:デザイン、美術など
  • 採用試験 就職先:広告代理店、広告制作会社、出版社など
  • イラストレーター
  • Point1

    とくに必要な資格はない。独学での成功も大いにあり得るが、美術大学や専門学校でデッサンの基礎などを学んだ方が素地となりやすい。

  • Point2

    広告や出版関係の会社に就職する手もあるが、描きためた作品や過去の仕事例をファイルやホームページにまとめ、紹介や持ち込みをきっかけに仕事を得る場合も。

この職種とつながる業界どんな業界とつながっているかチェックしよう!

この職種とつながる学問どんな学問を学べばよいかチェックしよう!

グラフィックデザイン系のその他の仕事

イラストレーター
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける