マイナビ進学トップ やりたいことを見つける 応用化学

学問 応用化学

学べること

物質・材料の特性を化学的に解明し、新物質の合成や反応、特性の評価、応用開発の分野で多種多様な新物質を創造、研究する。研究領域として、さまざまな手法で化学物質の反応を自在に制御する研究を行う「制御化学」、化合物の材料としての物質に関する化学的特性を調べる「材料化学」、プラスチックや接着剤などに幅広く使われる高分子材料の研究を行う「高分子化学」、物理学の理論や測定技法を用いて化学物質の特性や反応を研究する「物理化学」、生物を構成する物質を、生命現象と結びつけながら解明する「生物化学」などがある。

カリキュラムは大学の教育方針や特色、専攻によって大きく異なる。一例を挙げると、1・2年次では応用化学序論や力学総論、無機化学や有機化学、高分子化学など化学系の基礎科目、応用数学、応用物理など幅広く中心に学ぶ。2年次以降は、応用化学の演習や実験を履修しながら、応用数学や応用物理、化学系の専門科目(例:触媒化学、環境化学)を演習、実験を中心に履修。3・4年次以降は希望の研究室に所属して個人研究を行い、最終的に卒業研究をまとめる。

活躍の場

国家・地方公務員(専門職)、教員(理科など)のほか、化学、食品、製薬業界など専門性を生かした進路を選択している人が多い。大学院へ進学して専門分野の研究職を目指す人もいる。

先輩・先生レポート

この学問について学べる大学・短大を見る

応用化学とは 学問情報ページ上部へ