兵庫県の語学・外国語が学べる、福祉・介護を目指せる専門学校のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

兵庫県

学校の種類
指定する

専門学校

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

語学・外国語

目指せる職種
指定する

福祉・介護

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

兵庫県の語学・外国語が学べる、福祉・介護を目指せる専門学校のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

専修学校(専門学校)兵庫県

日本工科大学校

自動車整備・車体整備・建築・土木・大工・左官・IT・AIのプロを養成

学校や先生の雰囲気、授業内容、設備など、実際に体感してギモンを解決しよう!

オープンキャンパス兵庫県

オープンキャンパス2020

学校や先生の雰囲気、授業内容、設備など、実際に体感してギモンを解決しよう!

日本工科大学校のオープンキャンパスは体験型! 学校見学はもちろん、体験授業で各分野の仕事も体験できます。 気軽に参加して、在校生の声、学校の雰囲気に触れてください♪ お友達・ご家族と一緒に参加OK! ★参加特典:無料送迎、個別相談、交通費補助、一部試験出願資格付与 ※指定校推薦入試出願には「オープンキャンパスに参加」が条件となります。 ★★★アンケートにお答えください★★★(上記ボタンからも回答できます)★★★ 【1】参加希望の体験授業コースを教えてください(複数選択不可) ①環境建設工学科 建築コース ②環境建設工学科 土木・造園コース ③建築職人マイスター専攻科 大工コース ④建築職人マイスター専攻科 左官コース ⑤自動車工学科 ⑥一級自動車工学科 ⑦車体工学科 ⑧AI・ロボット工学科 【2】無料送迎バスを希望しますか? ①送迎なし-車で来る ②送迎なし-その他 ③送迎あり-JR姫路駅南口12時30分 ④送迎あり-山陽電車妻鹿駅12時40分

オープンキャンパス参加
開催日
  • 08/22(土)
  • 08/29(土)
  • 09/05(土)
  • 09/12(土)
  • 09/26(土)
  • 10/10(土)
  • 10/24(土)
  • 11/14(土)
  • 11/28(土)
  • 12/19(土)
  • 01/16(土)
  • 02/06(土)

語学・外国語・福祉・介護に関するニュース

  • 【シゴトを知ろう】社会福祉士 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】社会福祉士 ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】社会福祉士 編」では、社会福祉士の資格を生かして、デイサービスの生活相談員として働く東江渉さんに、お仕事の概要について伺いました。 今回の番外編では、実際に働いている人にしか分からない「お仕事の裏側」に焦点を当てて、世間のイメージとのギャップや、仕事の中で一番心に残っているエピソードなどを教えていただきます。

  • 【シゴトを知ろう】社会福祉士 編

    【シゴトを知ろう】社会福祉士 編

    「福祉」と聞くと、実際に介護を行うヘルパーさんの姿が浮かぶ方は少なくないと思います。しかし、一口に「福祉」といっても、その業種や資格はさまざま。中でも社会福祉士は、福祉事務所や児童養護施設などの公共機関・医療施設・介護施設・学校など、幅広い分野で活躍しています。 今回は社会福祉士の東江渉さんに、そのお仕事内容や学生時代に学んだことについて教えていただきました。

  • 【シゴトを知ろう】介護福祉士 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】介護福祉士 ~番外編~

    入社4年目に国家資格を取得した篠田健さん。現在は、「認知症に関わるプロ」・介護福祉士として活躍しています。介護福祉士になるためには、どんな知識や経験が必要になのでしょうか。また、実務の中で感じる介護の仕事への誤解についても話してくださいました。

  • 【シゴトを知ろう】介護福祉士 編

    【シゴトを知ろう】介護福祉士 編

    「人と関わりたい」「人の役に立ちたい」という強い思いから、介護福祉士の道を選んだ篠田健さん。仕事を通じ、人間的にも大きく成長できたと語ります。少子高齢化社会が進む日本で今後ますます必要とされる介護福祉士の仕事について、やりがいや魅力を伺いました。

  • どうして食べ物を「さん」付けで呼ぶの? 関西に伝わる言葉の秘密を探ろう

    どうして食べ物を「さん」付けで呼ぶの? 関西に伝わる言葉の秘密を探ろう

    関西には「お豆さん」「仏さん」「おはようさん」など、さまざまな物を「さん」付けで親しむ風習があります。「さん」付けで呼ぶと、丁寧な印象を受けたり親しみやすさが感じられたりする気がしませんか? どうして関西ではさまざまな物を「さん」付けで呼ぶのでしょうか。関西に伝わる言葉の秘密を探ると、その裏には長い歴史があることが分かりました。