北海道エリアの医学・歯学・薬学・看護・リハビリが学べる、国際を目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

北海道

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

目指せる職種
指定する

国際

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

北海道エリアの医学・歯学・薬学・看護・リハビリが学べる、国際を目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

私立大学北海道

北海道文教大学

全国トップクラスの就職率!実学重視の教育で国際、栄養、リハビリ、看護、教育・保育のエキスパートに

北海道文教大学まるわかりDAY!

オープンキャンパス北海道

オープンキャンパス2022

北海道文教大学まるわかりDAY!

本学の学びの特徴や雰囲気が体感できるオープンキャンパスを開催! 実習体験や模擬授業、個別相談もできるので「今」気になっていることも解決できます♪ 当日は先輩スタッフが皆様をサポートするので、気軽にご参加くださいね! 【詳しい詳細は、学校HPをご覧ください】 昨年度のプログラム内容 •学科紹介 •体験講義 •留学・キャンパスライフ体験リポート •キャンパスツアー •個別相談コーナー(入試・就職・授業・学生生活) •各学科の学生スタッフ(先輩)は学科別に異なる色のポロシャツを着ています。どんどん話しかけてみましょう! ※保護者参加は1名まで可能です。 ※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止や内容が変更となる場合があります。詳しくは本学ホームページをご確認ください。

開催日
  • 10/30(日)

オープンキャンパスの知識を身につけよう!

オープンキャンパスの基礎知識

現在、ほとんどの学校で実施されているオープンキャンパスは、受験生が学校の雰囲気を肌で感じることができる絶好の機会です。 最近では、工夫を凝らしたイベントを行う大学も多いようですが、一体どんなことが行われているのでしょうか。オープンキャンパスの内容や参加すべき理由について具体的にみていきましょう。

事前準備・当日の回り方

いざオープンキャンパスに参加したものの、資料をたくさんもらっただけで肝心なことが聞けなかった、学校の印象もたいして残らなかった……なんてことになってしまっては、限られた時間しかない受験生にとっては大きな損失。貴重な時間を使って参加するオープンキャンパスを、より有意義にするための秘訣は適切な事前準備と当日の効率的な回り方にあるのです!

オープンキャンパスでのチェックポイント

大学、短期大学、専門学校が、受験生に向けて学内の施設や設備を開放するオープンキャンパスは、学校のリアルな姿を見ることができる絶好の機会です。 受験生の約8割が参加するオープンキャンパス。ただ「楽しかった」で終わってしまってはもったいない!確認すべきポイントをしっかり押さえて志望校選択に大いに役立てましょう。

その他の説明会、学校訪問

多数ある中からたった1つだけを選ばなくてはならない進学先。より多くの情報から吟味して、自分にピッタリな理想の進学先を選びたいものです。 オープンキャンパス以外にも、それぞれの学校では説明会を開催。次年度入試のガイダンス、学部・学科別のガイダンス、個別相談などが実施されています。 遠方の学校が自分の住んでいる地域にやってきて、説明会を開いている可能性もあります。その他、さまざまなイベントがありますので、インターネットなどを常時チェックして情報を集めておきましょう。

オープンキャンパス Q&A

参加予約は必要?

予約が必要な場合と自由に参加できる場合があるので、必ず事前に確認しておこう。
メールや学校のホームページからも簡単に予約できるので便利です。 申し込み締切日を設定している学校もあるから、早めに予約しよう。

AO入試を受験する場合は必ず参加しなければいけないの?

オープンキャンパスや体験入学に参加することをAO入試の出願条件としている学校もあるよ。
参加者だけにAO入試のエントリーシートを配布するケースもあるから、志望校について事前に調べておこう。

入試対策も教えてくれるの?

入試対策セミナー・模擬面接を実施してくれる学校や、入試相談会で個別に相談にのってくれる学校もあるよ。
参加者だけに過去問題集やサンプル問題を配布する場合もあるので、忘れずにもらって帰ろう。

開催日が多い場合は毎回参加した方がいいの?

イベント内容が毎回同じ場合もあるし、開催日によって異なる場合もあるよ。
模擬授業や体験実習など興味のあるイベントが開催される場合は、何度でも参加してみよう。