関東・甲信越エリアのジュエリーバイヤーを目指せる専門学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

専門学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

ジュエリーバイヤー

この条件で検索する

関東・甲信越エリアのジュエリーバイヤーを目指せる専門学校の学校検索結果

1

1-1件を表示

ジュエリーバイヤーの仕事内容とは?

海外の原産地やジュエリーマーケットから、価値ある宝石を買い付ける専門職。ジュエリーメーカーの買い付け部門に所属し、バイヤーとして活動するのが一般的だ。掘り出されたばかりの原石・裸石の状態でも、素早く宝石の種類や品質、市場価値を正確に見抜けなくてはならない。米国宝石学会の「Graduate Gemologist」や「JBSジュエリー鑑定士」などの資格取得を通じてビジネススキルを磨くとよい。さらに、現地の宝石商とのきめ細かな価格交渉もバイヤーの大切な役目で、外国語や折衝能力、関税、貿易に関する知識も求められる。


ジュエリーバイヤーはこんな人におすすめ!

宝石の種類や品質を見定め、正確に価値を把握するための専門的な知識と目利きのスキルが必要だ。原石の状態でも、価値判断の見極めが求められる。海外に宝石や原石の買い付けに行くことが多く、交渉を行えるだけの語学力や貿易に関する知識もあることが望ましい。トレンドや市場に応じて価値が異なるため、情報収集力も重要である。