歯科助手になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「医療・歯科・看護・リハビリ」に戻る

歯科助手

医療・歯科・看護・リハビリ系の仕事
歯科助手

どんな
職種?
歯科医師のサポート役として診療介助や受付業務などで活躍

歯科助手は、歯科衛生士と混同される場合も多いが、歯石を取り除くなど口腔内の処置をすることはない。歯科医師のサポート役として診療の準備と介助、受付、事務処理など、幅広い業務を行うのが歯科助手だ。勤務時間の調整がしやすい職業であるため、結婚後も家事と両立させながら、自分のライフスタイルに合わせて働く女性も多い。歯痛などの口腔トラブルを抱えて来院する患者に応対するので、明るくて世話好きな人に適している。民間の団体が認定している「歯科助手資格」を取得すれば就職に役立つといえる。

こんな人に
おすすめ!
歯科の治療器具の取り扱いスキルをはじめ、接客力・事務能力も求められる

患者と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が求められる。歯科治療をサポートする際に治療器具を扱うことになるので、各医療機器の名称や操作方法、取り扱う上での注意事項などを把握しておくことも必要。受付業務を担当する場合は、パソコンを使った基本的な事務スキルがあると好ましい。

歯科助手を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:コミュニケーション学、総合科学など
  • 採用試験 就職先:歯科医院、病院など
  • 歯科助手
  • Point1

    「歯科助手技能認定」や「歯科医療事務管理士」などの民間資格を取っておくと、就職に有利になる場合がある。「秘書検定」を受けると受付業務に役立つ知識が身につきやすい。

  • Point2

    歯科医院に就職するか、アルバイトでも、歯科助手になることができる。学生のうちに研修として、歯型を取ったり診療介助を経験しておくと、就職後もスムーズに仕事に取り組める。

歯科医療系のその他の仕事

歯科助手
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける