外航客船パーサーになるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」に戻る

外航客船パーサー

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙系の仕事
外航客船パーサー

どんな
職種?
外航客船の乗客に快適な船旅を提供するサービススタッフ

海外へ航海する船舶は大型で乗客数も多く、航海が数カ月から1年にも及ぶこともある。そのなかで乗客の要望に応え、快適な船旅を提供するためにサービスを行うのがパーサーの業務だ。客船会社や商船会社、郵船会社などがパーサーを採用しており、全体を統括するチーフパーサーのほか、主に乗客の窓口となるフロントパーサー、経理などの事務を担当するサードパーサーなどがいる。必須の資格はないが、外航客船はさまざまな国の乗客が乗船しているので、語学力が必要になる。

こんな人に
おすすめ!
乗客に対する心遣いや立ち振る舞い、マナーも重要

乗客に対して行き届いたサービスと接客力が必要とされる。船上で過ごす期間が長くなる乗客がストレスなく滞在できるよう、心遣いや気配り、小さな変化も見逃さない観察力が求められる。また、立ち振る舞いやマナーも重要視される仕事だ。配属先によっては英語力も必要になる。

外航客船パーサー

外航客船パーサーを目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:航空・船舶・自動車工学、語学(外国語)、応用物理学、コミュニケーション学、心理学、通信工学など
  • 採用試験 就職先:外航客船会社、客船会社、クルーズ会社など
  • 外航客船パーサー
  • Point1

    外国人観光客に対応することもあるため、英語力も必要とされる。

  • Point2

    基本的に外航客船会社に就職するのが一般的な外航客船パーサーへの道である。経験と実績を積みながら仕事の知識を深めていく。

船舶・海洋系のその他の仕事

外航客船パーサー
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける