表具師が学べる九州・沖縄エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

建築・土木・インテリアインテリア表具師

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    表具師の仕事内容とは?

    【村上龍コンテンツ】 紙、布、糊を材料に、ふすま、障子、屏風、巻物、掛物などを制作する。繊細な素材を使った複雑な作業であり、高度な技術と経験が要求される。また、貴重な美術品を手がけることも多く、美術に関する幅広い知識も不可欠である。表具師になるには、15、16歳から表具屋に弟子入りをして、7年ほど修業をした後、暖簾分けをしてもらうのが一般的だが、高校、大学を卒業して表具屋に就職する人も多い。文化財の修理などを行う表具屋は東京と京都に集中していて需要も少ないが、ふすまや障子の優れた機能やデザインは新たな注目を集めている。長い歴史を持つ職業であり、伝統を守るという高い意識と心構えが必要なのはいうまでもない。