そのほかのデザイン・アート・写真系の職業になるには職種情報

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

やりたいことを見つける!

「デザイン・芸術・写真」に戻る

そのほかのデザイン・アート・写真系の職業

デザイン・芸術・写真系の仕事
そのほかのデザイン・アート・写真系の職業

どんな
職種?
表現に関わる自由度が高い職種個性と才能の数だけ表現がある

デザイン・アート・写真系の職業は、表現力や個性に関わるものであり、自由度が高く非常に裾野が広い。たとえば、コンビニの看板やキャンペーンのノボリ、店内のPOPやレシートですらデザインの一つである。アートは、買い手がいなければ職業にならないが、Tシャツや車のボディー、スケートボードに独創的なイラストを描いて人気を得ているアーティストもいる。ファインアートの世界も自由闊達で、広い世界が活躍のステージだ。写真も被写体の数だけ可能性がある。建築、料理、風景、動物など、それぞれ専門の写真家がいる。

こんな人に
おすすめ!
独自の世界観や、デザインセンス、発想力が生かせる

デザインやアート、写真系の職業では、作品を作る知識や技術に加え、自由な発想力が求められる。独自の色彩感覚や作品に応じた装飾能力も必要だ。絵画や写真加工などのソフトウェアを扱えるスキルがあると、仕事の幅を広げることができるだろう。フリーで活動する場合には、自分の世界観を持ち、その世界観が多くの人に共感を得られるデザインを創り出すバイタリティとセンスが不可欠だ。

そのほかのデザイン・アート・写真系の職業を目指すなら

  • 高校
  • 大学・短大・専門学校 必要な学び:美術、デザイン、写真など
  • 採用試験 就職先:ファッションデザイン事務所、アパレル企業、フリーランスなど
  • そのほかのデザイン・アート・写真系の職業
  • Point1

    職業によっては、カラーコーディネーターやファッション色彩能力検定などの資格を持っておくと就職の際、能力の参考になる。

  • Point2

    海外を活動拠点にすることも可能だが、その場合語学力が必要となる。

そのほかのデザイン・アート・写真系の職業
目指せる学校を探してみよう!

適学・適職診断無料!自分の性格も分かる!

「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

簡単な選択問題に回答 → 行動パターンや向いている仕事が分かる!

自分の適性タイプを知って
学びの分野を見つけよう!

適学・適職診断を受ける