著作権エージェントで働く人が学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画本・雑誌・新聞著作権エージェントで働く人

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    著作権エージェントで働く人の仕事内容とは?

    【村上龍コンテンツ】 日本の出版社が外国の書籍の翻訳出版をする場合に、その翻訳権を獲得する必要がある。著作権を持つ外国の著者、出版社と日本の出版社の仲立ちをするのが、著作権エージェント。翻訳書のトビラ裏には、Japanese translation rights arranged through ○○○○Agency(日本語翻訳権は○○○○エージェンシーを通じて獲得)と記載されているが、そのエージェンシーと呼ばれる会社に所属して活動することが多い。翻訳書の印税の一部を手数料としてとり、それが会社の収入となるので、ベストセラーを手がければ、それだけ収入が増えることになる。これまでは外国書の日本語翻訳が圧倒的に多かったが、近年は日本の書籍からの翻訳も増えてきている。契約のためのビジネス英語能力は必須だが、より大きく活躍するためには、外国の書籍をいちはやく読み、売れそうな本を探し、出版社に売り込む能力も必要だ。

    他の職種から学校をさがす