現像技師が学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画映画・テレビ現像技師

この条件で検索する

現像技師が学べる中国・四国エリアの学校検索結果

1

1-1件を表示

現像技師の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 カメラマン・撮影監督の指示にしたがって、おもにタイミングと呼ばれる撮影されたフィルムの、現像作業を行う。かつてのモノクロ時代には、現像時間を変えることで画調を整えていた。そのなごりでタイミングという用語がまだ残っているわけだが、カラーフィルムの場合は、ネガからポジプリントを焼くときに、焼きつけの光量を変えて画調や色調を変化させる。フィルムはカメラの絞りやレンズの明るさで微妙に画調が変わるので、撮影監督の意図を読みとり、それを数値に置き換え、現像するという独特の職人技が求められる。撮影監督のなかには、専属の現像技師を指定する人もいる。カメラの専門学校を出たり、大学で化学を専攻するなど、現像技師の出身はさまざまだが、ビデオとデジタル全盛時代にあって、後継者が不足しているという。映像会社に入って、経験を積む。