気球操縦士が学べる東北エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙航空気球操縦士

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    気球操縦士の仕事内容とは?

    【村上龍コンテンツ】 日本では気球のほとんどが熱気球で、プロパンガスをバーナーで燃焼させ球皮内の空気を暖めて浮力を得て飛行する。水平飛行は風まかせの乗り物だが、高度によって違う風の向きや速さを利用して飛行する。離陸地点に戻ることは難しく、地上を車が追跡していく。熱気球を操縦するには、日本気球連盟の熱気球操縦士技能証が必要。技能証を取得するには、インストラクターとの20時間ほどの飛行訓練(※1)ののち、実技と筆記の試験に合格すること。50時間以上の飛行、1時間以上の無着陸飛行2回などの経験を積んで安全協会に認定されたインストラクターになると、指導飛行や講習会などの活動ができ、収入を得られる。熱気球は4、5人を乗せて飛行できるので、イベントで体験飛行をしたり、コマーシャルバルーンを飛ばす人もいる。海外の気球メーカーの販売代理店を経営する人もいる。日本で世界選手権大会も開催されており、競技としても人気があり、愛好者が増えている。 ※1 編集部注:厳密には、10 回以上、且つ10 時間以上の同乗訓練飛行、同乗訓練飛行において離陸地より対地高度2,000ft 以上の飛行、1 回以上の単独訓練飛行。