時計職人が学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

ファッションファッションをつくる時計職人

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    時計職人の仕事内容とは?

    時計の修復や部品製作、補修などを行う職人。時計職人になるには、時計店やメーカーに就職して技術を身に付けるか、専門学校で学ぶのが一般的だ。資格は必要ではないが、厚生労働省の時計修理技能士の資格を取っておくと、就職や独立開業するときに有利だろう。機械やモノ作りが好きで、手先が器用で細かい作業を根気よく続けられる人が向いている。また、時計を修理しながら長く使うのは高級時計を持つコレクターがほとんどなので、時計の歴史やデザインなどについて顧客をうならせるほど精通していることが、信頼を得る条件といえよう。