中国・四国エリアの公正取引委員会審査官を目指せる専門学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

専門学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公正取引委員会審査官

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    公正取引委員会審査官の仕事内容とは?

    日本は自由な市場経済だが、一部の企業が利権を牛耳ることがないよう、独占禁止法が設けられている。公正取引委員会は内閣府の組織で、経済取引において独占や談合、不公正な取引や広告などが行われていないかを厳しくチェックするためにある。審査官は、マーケットのリサーチや消費者からの通報をもとに疑いのある企業を審査し、必要なときは会社への立ち入り調査も実施。取引に関する書類調査、事情聴取の上で違反行為を洗い出し、勧告や審判を行う。大学の法学部出身者が「国家公務員採用試験」を受けて就くことが多い。


    公正取引委員会審査官はこんな人におすすめ!

    市場を独占・不公正な取引をした企業に対して、勧告や摘発を行うため、独占禁止法に関する知識を必要とする。企業側から聴取した内容を調書にまとめ、立ち入り検査で入手した証拠と併せて違反行為を指摘するためには不正を見逃さない洞察力と分析力が必要だ。また、不正の指摘を行う際は、自分の伝えたいことを正しく相手に理解してもらうため物事を順序立てて論理的に説明できることが望ましい。