語学・外国語が学べる、楽器を目指せるその他教育機関(スクール)のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

学校の種類
指定する

その他教育機関(スクール)

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

語学・外国語

目指せる職種
指定する

楽器

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

語学・外国語が学べる、楽器を目指せるその他教育機関(スクール)のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

その他教育機関(スクール)東京都 , 鳥取県 , 宮城県

国立音楽院

「好きな音楽を一生の仕事に活かす!」 音楽メディアのフィールドで輝き続けるスペシャリストを育成!

|1日5名様限定|毎週土曜・日曜開催 ☆ 直接対面

オープンキャンパス東京都

アイコンマーク

定員制

|来校型|学校説明会

|1日5名様限定|毎週土曜・日曜開催 ☆ 直接対面

 ~音楽を体験して、音楽の道を切り拓くための一歩を踏み出そう!~ 国立音楽院の学校生活に関するさまざまな疑問を解決できる学校説明会を開催しています! 学科や学費のことから目指せる資格、将来の進路まで、なんでもお答えします。 ご希望の方には最新の設備が整う施設も見学していただけます。 音楽の仕事をしたい方や少しでも興味のある方は、ぜひ国立音楽院に来て見て、音楽を一生の仕事に活かす第一歩を踏み出してみませんか? 【開催日】 毎週土曜・日曜 【開催時間】 [現在高校2年生の方]:15:00~ [現在高校3年生の方]:14:00~ ◇参加人数を限定させて頂くため、必ず事前にお申込みください。 ◇ご都合がつかない方は、平日に個別対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください(要予約)。

オープンキャンパス参加
開催日 随時開催
音楽の道を切り拓くための一歩を踏み出そう!

WEBオープンキャンパス東京都

アイコンマーク

定員制

|オンライン|授業・レッスン

音楽の道を切り拓くための一歩を踏み出そう!

自宅にいながら、国立音楽院の学びが体験できる「授業・レッスン」を開講しています。 「授業内容」「卒業後の進路(デビュー・就職)」「入学方法」「学費」「奨学金制度」などの学校生活に関するさまざまな疑問にも、担当者が丁寧にお答えします。 ぜひ、ご参加ください! 【主なプログラム】 ●体験講習 ●学校説明 ●個別相談  …など ▽開催日や時間帯によって実施する学科が異なります。詳細は学院HPにてご確認ください。 https://www.kma.co.jp/keyvisual/keyvisual-6081

オープンキャンパス参加
開催日 随時開催

語学・外国語・音楽・イベントに関するニュース

  • 【シゴトを知ろう】楽器職人 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】楽器職人 ~番外編~

    ジャズやロックなどの国内外のスタープレーヤーも愛用しているカノウプスのドラム。ライブで聞く生の音にも、CDなどで聞く加工された音にもこだわる、カノウプスのドラムを作っている株式会社カノウプスの楽器職人・菊川丞太さんに、勉強していることや、休日の過ごし方などをお伺いしました。

  • 【シゴトを知ろう】楽器職人 編

    【シゴトを知ろう】楽器職人 編

    音楽の演奏をするときに使われるさまざまな楽器。その楽器を作る仕事をしている人たちが「楽器職人」です。楽器を作るときにどのようなことにこだわっているのか、どのようにしてその職業に就いたのかなどを株式会社カノウプスでドラムを作っている菊川丞太さんにお話を伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】楽器インストラクター ~番外編~

    【シゴトを知ろう】楽器インストラクター ~番外編~

    最近はテレビドラマの影響もあり、バイオリン教室への注目が高まっているようです。今回はヤマハ大人の音楽レッスンのバイオリン科インストラクター(講師)としてヤマノミュージックサロン大手町教室などでお仕事をされている秋久知美先生に、業界ならではの「あるある」や、今後の目標などを教えていただきました。

  • 【シゴトを知ろう】楽器インストラクター 編

    【シゴトを知ろう】楽器インストラクター 編

    最近、テレビドラマの影響でバイオリンを習いたいという人が増えているそうです。秋久知美先生は、ヤマハ大人の音楽レッスンのバイオリン科インストラクター(講師)としてヤマノミュージックサロン大手町教室などでお仕事をされています。インストラクター(講師)の仕事内容やその魅力についてお話を伺いました。

  • どうして食べ物を「さん」付けで呼ぶの? 関西に伝わる言葉の秘密を探ろう

    どうして食べ物を「さん」付けで呼ぶの? 関西に伝わる言葉の秘密を探ろう

    関西には「お豆さん」「仏さん」「おはようさん」など、さまざまな物を「さん」付けで親しむ風習があります。「さん」付けで呼ぶと、丁寧な印象を受けたり親しみやすさが感じられたりする気がしませんか? どうして関西ではさまざまな物を「さん」付けで呼ぶのでしょうか。関西に伝わる言葉の秘密を探ると、その裏には長い歴史があることが分かりました。