人間・心理が学べる、スポーツのチームや組織で働く人を目指せるその他教育機関(スクール)のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

学校の種類
指定する

その他教育機関(スクール)

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

人間・心理

目指せる職種
指定する

スポーツのチームや組織で働く人

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    人間・心理・スポーツのチームや組織で働く人に関するニュース

    • 『企画した商品を購入した人を見るとうれしい』 浦和レッドダイヤモンズ商品企画担当・山村佳恵さんインタビュー

      『企画した商品を購入した人を見るとうれしい』 浦和レッドダイヤモンズ商品企画担当・山村佳恵さんインタビュー

      愛するスポーツチームのグッズを身につけた人たちを、スタジアムや街中で見かけることがあると思います。何気なく見ているかもしれないその一つひとつには、実は世の中に出るまでにたくさんの過程があり、多くの人々の努力が集約されているのです。 チームに関するさまざまな商品はどうやって開発されているのか。今回はグッズの企画から制作の部分を取り仕切る、マーチャンダイジング部の山村佳恵さんにお話を伺いました。

    • 『選手の努力を間近で見て感じることができる』 湘南ベルマーレ主務・米谷崇さんインタビュー

      『選手の努力を間近で見て感じることができる』 湘南ベルマーレ主務・米谷崇さんインタビュー

      Jリーグのクラブには、チームの活動がうまくいくよう陰で支える「主務」と呼ばれるマネジャー役の人がいます。どんなときもチームから離れず、選手や監督が雑事に煩わされないよう一手に引き受けているのです。 そんな「主務」の1人、湘南ベルマーレの米谷崇さんは実際にどんな仕事をしているのでしょうか。どんなことに気を揉んで、何が一番うれしいのかを語っていただきました。

    • 『言葉だけでなく思いをつなげる、通訳という役割』川崎フロンターレ通訳・中山和也氏インタビュー

      『言葉だけでなく思いをつなげる、通訳という役割』川崎フロンターレ通訳・中山和也氏インタビュー

      Jリーグ2連覇中の川崎フロンターレには4人のブラジル人選手がいます。彼らに監督の指示を伝え、また彼らからの話をフィードバックするには、通訳という立場のスタッフが必要不可欠です。 2009年から川崎フロンターレの通訳を務める中山和也さんは、ずっとその重要な役割を担ってきました。中山さんは通訳が「言葉を訳すこと」だけの仕事ではないと言います。外国籍選手との間を取り持つためには何が必要か。じっくりと聞いてみました。

    • 脳神経科学の研究者・田中和正さんが語る 記憶のメカニズムとは?

      脳神経科学の研究者・田中和正さんが語る 記憶のメカニズムとは?

      2018年に『海馬記憶エングラムからの記憶解読』を発表した、理化学研究所の田中和正基礎科学特別研究員。今回の発表は脳神経科学の分野で注目を集めています。いったいどのような研究内容なのか、また私たちの生活にどう関わってくるのでしょうか。お話を伺ってきました。

    • テストの難問も「ひと眠り」すれば解けるようになる?

      テストの難問も「ひと眠り」すれば解けるようになる?

      眠っている間に見る夢に何か意味があるかもしれない、と考える人は多いはず。どうしても気になってしまう人は夢占いを参考していることもあるようです。夢は予知的な性質を持つことや、あなたの心理が投影されていることが広く知られています。しかし問題解決のヒントを与えてくれるということも知っていますか?