中国・四国エリアの総合・教養が学べる、デザイン・芸術・写真を目指せる専門学校のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

中国・四国

学校の種類
指定する

専門学校

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

総合・教養

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

中国・四国エリアの総合・教養が学べる、デザイン・芸術・写真を目指せる専門学校のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

専修学校(専門学校)愛媛県

松山デザイナー専門学校

伝統を受け継ぎ、時代に沿った新たな挑戦に挑む次世代のクリエイターを育成する新しい専門学校です。

実践的な体験授業でプロへの道を一歩踏み出そう!

オープンキャンパス愛媛県

アイコンマーク

定員制

2021年オープンキャンパス!

実践的な体験授業でプロへの道を一歩踏み出そう!

MBCのオープンキャンパスでは、学校や学科について詳しくご説明します! 先生や在校生に、さまざまな質問をしてみましょう! HPやパンフレットだけではわからない事や、疑問に思う事など個別で相談できますので、興味のあることなんでも聞いて下さいね。 【開催時間】 ●10:30〜14:00(受付10:00〜) 【主なプログラム】 ●学校・学科説明 ●入試説明 ●校舎見学 ●クリエイティブワーク体験(好きな体験メニューから選んでね!) ●個別相談 【参加特典】 ●図書カードをプレゼント♪(初回参加者) ●AO入試を受験できるMBCパスを発行♪ ●東予・南予から無料の送迎バスを運行(2月~9月) ●送迎バスを利用しないで東予・南予、愛媛県外から参加された方には、交通費を一部支給します。(2022年4月入学予定のご本人様限り) ◇詳細は、学校公式サイトにてご確認ください。

オープンキャンパス参加
開催日
  • 12/18(土)
  • 01/22(土)
  • 02/12(土)
  • 03/12(土)
  • 03/26(土)
個別相談会開催!!

個別見学会愛媛県

アイコンマーク

定員制

個別相談受付中!

個別相談会開催!!

個別で相談を受付します。学校のこと、授業のこと、就職のこと、入試や学費のことなど、気になることを確認できます。 保護者の方のみの参加も可能です。 【来校個別相談】 開催日:毎日(日曜・祝日を除く)9:00〜17:00 ※30〜40分程度を予定しています。対象日時以外での参加希望はご相談下さい。 【オンライン個別相談】 開催日:毎日(日曜・祝日を除く)9:00〜17:00 ※電話やLINE、zoomなどスマホやパソコン、タブレットなどを使用してビデオ通話を行います。 ◇詳細は、学校公式サイトにてご確認ください。

オープンキャンパス参加
開催日 随時開催

総合・教養・デザイン・芸術・写真に関するニュース

  • 学問分野研究特集
  • 【シゴトを知ろう】エディトリアルデザイナー ~番外編~

    【シゴトを知ろう】エディトリアルデザイナー ~番外編~

    大学時代のアルバイトがきっかけになり、エディトリアルデザイナーになった鈴木知哉さん。クライアントとのコミュニケーションを大切にしながら、雑誌などの価値を上げるデザインを生み出しています。今回は、エディトリアルデザインならではの魅力や仕事の裏側について、鈴木さんから伺ったお話を紹介していきます。

  • 【シゴトを知ろう】エディトリアルデザイナー 編

    【シゴトを知ろう】エディトリアルデザイナー 編

    書店に並ぶ雑誌や本。表紙や各ページのデザインを担っているのが、エディトリアルデザイナーです。限られたサイズやページ数の中で、紙の特性を生かしてデザインするのがこのお仕事。フリーランスの立場でエディトリアルデザイナーとして活動している、鈴木知哉さんにお話を伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】学芸員 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】学芸員 ~番外編~

    山梨県・富士河口湖町教育委員会で、文化財担当の学芸員として働く杉本悠樹さん。世界文化遺産である富士山をはじめ、さまざまな文化財を守り、魅力を伝えています。この番外編では、杉本さんに伺ったお話の中から、学芸員の仕事をもっと理解できるトピックスをお届けします。

  • 【シゴトを知ろう】学芸員 編

    【シゴトを知ろう】学芸員 編

    博物館などで、資料の収集や保管・展示などを行う学芸員。美術館や動物園など、活躍のフィールドはさまざまです。今回は、山梨県・富士河口湖町教育委員会で文化財担当として勤務している学芸員・杉本悠樹さんにお話を伺いました。