東北エリアの経済・経営・商学が学べる、そのほかを目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

東北

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

経済・経営・商学

目指せる職種
指定する

そのほか

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

東北エリアの経済・経営・商学が学べる、そのほかを目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

1

1-1件を表示

私立大学山形県

東北芸術工科大学

「想像力」と「創造力」をはぐくみ、社会に活かす

本学スタッフが大学施設をご案内 ◆体験ワークショップ同時開催◆

学校見学会山形県

<完全予約制>大学見学会

本学スタッフが大学施設をご案内 ◆体験ワークショップ同時開催◆

「用事や部活動でオープンキャンパスに参加できない…」 「まずは大学を実際に見てみたい!」 …そんなあなたのために!本学スタッフが大学施設をご案内します! お申し込み時に興味のある分野を選択いただき、分野ごとに少人数のグループに分かれて見学を行います。 ◆体験ワークショップ同時開催◆ 「自分だけのシルバーリングを作ろう!」 工芸のワークショップを気軽に体験!手ぶらで参加OK! 先生と在学生が道具の使い方、素材の扱い方を丁寧にレクチャーします。 リングは好みに合わせて加工してお持ち帰りできます。 参加無料 日時:6/26(土)、9/4(土) いずれも14:10~17:00 ※上記見学会に参加後、引き続き参加いただけます。ワークショップのみの参加もできます。 ※コロナ感染症状況により、イベント内容が変更となる場合があります。 ※見学会は高校生1名につき、保護者の方は1名までの参加とさせていただきます。 参加特典:各種資料・大学オリジナルバッグをプレゼント!

開催日
  • 12/18(土)

経済・経営・商学・音楽・イベントに関するニュース

  • 桃太郎は経営の成功者!? 昔話から見る株式会社の仕組み

    桃太郎は経営の成功者!? 昔話から見る株式会社の仕組み

    「おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に……」でお馴染みの『桃太郎』。桃太郎が3匹のお供とともに鬼を退治する有名なおとぎ話ですが、別の視点から見ると、桃太郎がきび団子を報酬として犬、猿、キジと雇用契約を結んでいるように捉えることもできます。『桃太郎』の話と株式会社の仕組みには共通点があるのかもしれません。

  • 透明の飲料がやたらと発売されているけど、なんでそんなに人気なの?

    透明の飲料がやたらと発売されているけど、なんでそんなに人気なの?

    最近はいろいろなジュースが透明になった「透明飲料」と呼ばれる飲み物が大ヒットし、続々と新商品が発売されています。既存の飲み物が透明になることでなぜここまで人気を博したのでしょうか? そこには意外な社会的背景が影響していました。今回は消費者に透明飲料が受け入れられた理由を紹介していきます。

  • 赤字にならない? コンビニの「おにぎり100円セール」に秘められた戦略

    赤字にならない? コンビニの「おにぎり100円セール」に秘められた戦略

    たまにコンビニエンスストアののぼりでみかける「おにぎり100円セール」は高めのおにぎりでも100円で買えるとっても嬉しいセールです。安いのでついついたくさん買い物してしまうという人も多くいると思いますが、私たちのこうした行動はコンビニエンスストアの思惑通りなんです!今回は、おにぎり100円セールに隠された売上アップの戦略について紹介します。

  • 値段を下げても売れない商品がある!? 経済の原則からかけ離れた珍しいケースとは?

    値段を下げても売れない商品がある!? 経済の原則からかけ離れた珍しいケースとは?

    買い物をするとき、「高いな、もう少し安ければ買うのに」と購入を迷った経験はありませんか? 値段が下がれば商品を買う人が増えるのが普通です。ところが、値段を下げても買う人が増えない、売れないケースがあります。「値段を下げてもものが売れない」状況とは、どういうことなのでしょうか。

  • 100兆ドル持ってるのにお金持ちになれない!? 国がお金をたくさん作るとどうなるの?

    100兆ドル持ってるのにお金持ちになれない!? 国がお金をたくさん作るとどうなるの?

    欲しいものを買うためには、お金が必要です。そのためにアルバイトをしている人もいるかもしれません。また、欲しいものを買うためにせっせと貯金している人もいることでしょう。そんな私たちの生活に欠かせないお金ですが、実は増えすぎるとよくない場合があることをご存じですか?