北海道エリアの語学・外国語が学べる、保健・薬を目指せる大学・短大のオープンキャンパス一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

オープンキャンパスをさがす

キーワード
参加申込
開催日
期間を指定する
エリア・開催地
指定する

北海道

学校の種類
指定する

大学・短大

イベントの種類
指定する

学べる学問
指定する

語学・外国語

目指せる職種
指定する

保健・薬

イベントの特徴
指定する

この条件で検索する

北海道エリアの語学・外国語が学べる、保健・薬を目指せる大学・短大のオープンキャンパス検索結果

2

1-2件を表示

私立大学東京都 , 神奈川県 , 静岡県 , 熊本県 , 北海道

東海大学

海底から宇宙まで幅広い学びを実現。東海大学は、全国5キャンパス23学部体制へ

未来につながる出会いが、ここにはある。

オープンキャンパス北海道

アイコンマーク

定員制

オープンキャンパス!〔札幌キャンパス〕

未来につながる出会いが、ここにはある。

〔国際文化学部、生物学部〕 ※プログラムなどの詳細は、随時本学のホームページに掲載します。 ※新型コロナウイルス感染症の影響により開催方法や日程に変更が生じる可能性もあるためご参加いただく前に必ず本学ホームページをご覧ください。 ※6~8月はWEBオープンキャンパスを開催予定です。

開催日
  • 09/26(日)
  • 03/13(日)
私立短期大学北海道

札幌国際大学短期大学部

実践+総合力重視のカリキュラムで夢を実現。

オープンキャンパスで自分に合う大学を見極めよう!

オープンキャンパス北海道

2021年度オープンキャンパス

オープンキャンパスで自分に合う大学を見極めよう!

気になる学科の情報や、先生や先輩達の生の声、そしてなによりキャンパスの雰囲気を肌で感じることの出来る絶好のチャンス!友達も誘ってぜひ参加してください。 [内容] キャンパスツアー 学科企画(学内の様々な教室で各学科の授業を体験) ※イベント内容は各回毎に異なります

参加申込ページへ(外部サイト)
開催日
  • 09/25(土)
  • 09/26(日)
  • 10/23(土)
個別のキャンパス見学も随時受付

オープンキャンパス北海道

個別のキャンパス見学

個別のキャンパス見学も随時受付

学科紹介、入試制度や奨学金等の説明、施設見学など。 平日10:00~16:00、土曜日10:00~12:00

参加申込ページへ(外部サイト)
開催日 随時開催

語学・外国語・医療・歯科・看護・リハビリに関するニュース

  • 【シゴトを知ろう】薬剤師 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】薬剤師 ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】薬剤師 編」では、日本調剤株式会社で薬剤師として働かれている島田采也加さんに、仕事の内容ややりがい、薬剤師になったきっかけなどについてお話を伺いました。 番外編では、薬剤師ならではの「あるある」な情報をはじめ、仕事の知られざる一面について伺いました。

  • 【シゴトを知ろう】薬剤師  編

    【シゴトを知ろう】薬剤師 編

    薬は、何かとお世話になる機会が多いもの。高校生の皆さんも体調を崩してしまったとき、病院で診察を受けた後に薬局で受け取ったり、ドラッグストアで購入したりするかと思います。ただ薬は役に立つ一方で、飲み方を間違えてしまうと命に関わる事態になり得る、危険な存在でもあります。 その薬の専門知識を持ち、私たちが安全に飲めるように適切に処方してくれるのが薬剤師の方々。今回は日本調剤株式会社で薬剤師として働かれている島田采也加さんに、仕事の内容ややりがいについてお伺いしてきました。

  • 【シゴトを知ろう】保健師 ~番外編~

    【シゴトを知ろう】保健師 ~番外編~

    「【シゴトを知ろう】保健師 編」では、杉並保健所 保健サービス課の大岩和也さんにお話を伺いました。社会保障への興味から、地域全体の健康をサポートする保健師の仕事にたどりついた大岩さんの、生き生きとした姿が印象的でした。この番外編では、保健師の仕事の深い部分や、ちょっと意外な一面にクローズアップしていきます。

  • 【シゴトを知ろう】保健師 編

    【シゴトを知ろう】保健師 編

    地域住民の健康管理や保健指導を行う保健師さん。高校生にとっては、触れる機会が少ない職種かもしれません。保健師の日常に迫る今回の「シゴトを知ろう」。杉並保健所 保険サービス課の大岩和也さんにお話をうかがいました。

  • どうして食べ物を「さん」付けで呼ぶの? 関西に伝わる言葉の秘密を探ろう

    どうして食べ物を「さん」付けで呼ぶの? 関西に伝わる言葉の秘密を探ろう

    関西には「お豆さん」「仏さん」「おはようさん」など、さまざまな物を「さん」付けで親しむ風習があります。「さん」付けで呼ぶと、丁寧な印象を受けたり親しみやすさが感じられたりする気がしませんか? どうして関西ではさまざまな物を「さん」付けで呼ぶのでしょうか。関西に伝わる言葉の秘密を探ると、その裏には長い歴史があることが分かりました。