広告デザイナーが学べる九州・沖縄エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画本・雑誌・新聞広告デザイナー

この条件で検索する

広告デザイナーが学べる九州・沖縄エリアの学校検索結果

12

1-12件を表示

広告デザイナーの仕事内容とは?

広告とは、広告主の商品やサービスなどの宣伝をして、その商品やサービスに関する消費を促す文書類や記事のこと。広告は複数の対象に商品やサービスを認知してもらい、消費行動の糸口となる重要な役割を果たす。広告デザイナーは、依頼された商品やサービスの特性を解釈し、依頼主の意向を理解した上で、消費者に訴えかけるビジュアルを広告に落とし込む。広告の媒体は雑誌・新聞・Web・看板・ポスターなど多様。商品やサービスをアピールする方向性(「商品のイメージを伝える」「サービスの特権性を伝える」など)をどうするか、ターゲット層をどうするかといったコンセプトの要素も数多くある。依頼主が浸透させようとしているブランドイメージなども考慮しなければならない。広告デザイナーは芸術家とは違ってロジカルにデザインを設計する。そのため、グラフィックソフトを操作する技術やレイアウトの知識だけではなく、「依頼主が何を求めているか」を踏まえるための理解力、「どのような見せ方をするか」という案を出すためのマーケティング知識・思考力も必要とされる。働き口としては、広告会社やデザイン事務所のデザイナー職のほか、自社で広告を制作している企業の専属デザイナー(インハウスデザイナー)という道もある。企業や事務所で経験を積み実績・コネクションを作れば、フリーの広告デザイナーとして活躍することも可能。