制作担当(映画)が学べる九州・沖縄エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画映画・テレビ制作担当(映画)

この条件で検索する

制作担当(映画)が学べる九州・沖縄エリアの学校検索結果

5

1-5件を表示

制作担当(映画)の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 プロデューサーの助手的な仕事をする。プリプロダクション(撮影前の準備期間)では、おもにロケーション場所を探し、監督や技術パートと相談して、撮影する場所を決めるという仕事をする。撮影に入ると、撮影現場にいて、ロケーション場所の安全を確保したり、食事の手配をしたり、各スタッフの調整にあたる。プロデューサーは、撮影が実際に始まると、撮影現場から離れ、予算や撮影スケジュールの管理、ポストプロダクション(編集や音入れなどの仕上げ)の準備、宣伝配給の打ち合わせなどのデスクワークをする。したがって、現場で制作の責任者となるのは、制作担当である。制作担当は、まずプロデューサーの助手となって、体験を積み、プロデューサーから信頼を得なければならない。制作担当のカリキュラムのある専門学校もあるが、学校を出て、すぐに制作担当になれるわけではない。