ライフセーバーが学べる九州・沖縄エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

健康・スポーツ健康・スポーツライフセーバー

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    ライフセーバーの仕事内容とは?

    水辺の事故防止や人命救助、海辺のクリーンキャンペーンなどのライフセービングに参加する人すべてを、広い意味でライフセーバーというが、狭い意味では、 JLA(日本ライフセービング協会)が認定する資格を持つ人を指す。ライフセーバーの使命は、溺れた人の救助だけでなく、事故が起こらないように水辺で遊ぶ人の安全を守ることである。海やプールでの水難事故を防ぐための監視や指導をはじめ、危険の防止と早期発見に努める。そして、万が一事故が起こったときはいち早く救助し、必要に応じて人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生を行う。さらに、水辺の安全に関する教育活動を行ったり、技術向上のために競技会に参加したりもする。十分な体力と水泳能力はもちろんだが、水難事故についての知識、応急手当てや救命活動のノウハウも必要だ。また、海、プール、湖、風呂場など場所によっても対応が異なるため、それぞれに応じた知識と技術も求められる。海外の大会などで賞金を得るプロ・ライフセーバーもいるが、一般的には、別の本職を持ちながらライフセービングのクラブやチームに所属し、ボランティアとして活動する人がほとんどだ。