九州・沖縄エリアの教育・保育が学べる、写譜屋(しゃふや)を目指せる専門学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

専門学校

学べる学問
指定する

教育・保育

目指せる職種
指定する

写譜屋(しゃふや)

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    写譜屋(しゃふや)の仕事内容とは?

    編曲家が書いた楽譜やオーケストラの指揮者が使うスコア(総譜)を、それぞれの楽器別パートに書き写す仕事。写譜技術者、ミュージックコピイストとも呼ばれる。また、手書き譜面をきれいに演奏しやすく浄書(清書)したり、最近ではコンピューターへのデータ変換なども行う。多くのプロは、音楽制作プロダクションやオーケストラなどに所属しており、音楽大学や音楽専門学校出身者が多い。なお、音楽大学には写譜のアルバイト依頼がくることもあり、そこで気に入れられて、そのままプロになることも少なくない。


    写譜屋(しゃふや)はこんな人におすすめ!

    音楽の基礎知識は必須で、見やすい楽譜を書くためには、手先の器用さや細かい作業を持続できる集中力が必要だ。パソコンの楽譜作成ソフトを扱うスキルがあると、仕事の幅が広がるだろう。また、長い楽譜やパートの多い楽譜を写譜する際は、何人かで分担作業をするため、メンバーをまとめる統率力や協調性、スケジュールの進行をチェックするなどの管理能力も求められる。