音楽の権利関係に関する職業が学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

音楽・イベント音楽づくり音楽の権利関係に関する職業

この条件で検索する

音楽の権利関係に関する職業が学べる中国・四国エリアの学校検索結果

1

1-1件を表示

音楽の権利関係に関する職業の仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 音楽をビジネスとしてとらえたとき、権利関係を管理する仕事は欠かせない。権利関係のなかで基本となるのが作曲家、作詞家が持つ著作権で、彼らに代わってこの著作権を管理する会社を音楽出版社という。出版社という名がついているのは、音楽ビジネスにおける最初のマスメディアである楽譜を出版していた名残りで、実際に出版活動を行っているところはごく一部。その後音楽はレコードとして録音・複製されるようになり、また映画、テレビ、カラオケなどさまざまな使われ方をするようになって、音楽出版社の仕事も多岐にわたるようになった。一般的に曲が使用されると、使用者→日本音楽著作権協会(JASRAC)→音楽出版社→作者、という流れでお金が支払われる。著作権を管理する一方、音楽出版社はその曲がたくさん使われるように宣伝をしたり、その曲を使ってCDを作るというような仕事をすることもある。最近では音楽のネット配信が始まった。新しいメディアができるたびに、音楽出版社をはじめ権利関係に関するビジネスもそれに対応して変化してきた。法務や外国との交渉能力など、専門知識がある人材は常に求められている。