プロダクトデザイナーが学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真装飾系デザインプロダクトデザイナー

この条件で検索する

プロダクトデザイナーが学べる中国・四国エリアの学校検索結果

6

1-6件を表示

プロダクトデザイナーの仕事内容とは?

プロダクトデザイナーの仕事は、自動車・文房具・キッチン用品・家具・家電といった商品・製品のデザインをすること。消費が多様化し、消費者にとって、製品の機能だけではなくデザインやイメージが大きなウエイトを占めるようになっているため、あらゆる層のニーズに応えられるように様々な製品の作られることが望まれている。プロダクトデザイナーは、具体的には依頼を受けてコンセプトを考え、ラフスケッチを複数描いて候補を比較検討し、最終的に選んだものをレンダリング(ラフスケッチを手描き・3DCGソフトなどによって画像に起こすこと)し、模型を製作する。レンダリングした画像と模型を用いて提案し、採用されれば後の作業は職人に引き渡す。案出しの段階で大量のラフスケッチを用意しなければならないため、絵をうまく描くテクニックだけではなく、早く描くテクニックも身につけておかなければならない。他にも、コンセプトを練る思考力、CADのような図面作成ソフトウェアの操作スキル、模型を製作する手先の器用さ、デザインの流行を常にキャッチするアンテナ、提案資料を作るためのグラフィックのスキル、提案するためのプレゼン能力など、様々な要素を求められる。企業のデザイン部門に就くか、デザイン事務所に就くのが一般的。フリーとして活躍できるのは、企業や事務所で実績を作った一握りの優秀なデザイナーに限られる。