弁理士が学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公務員・政治・法律政治・法律弁理士

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    弁理士の仕事内容とは?

    弁理士とは、企業や個人に代わって、特許や実用新案、意匠および商標に関し、特許庁に対して出願や登録申請を行う仕事。一般の人にとって出願や登録申請は難しいものであり、理解するには苦労する。そうした特許申請など関するあらゆる知識を持つのが弁理士だ。具体的な業務は、出願に際して、すでに登録されている特許などに同じ物がないかを調査し、登録申請に当たっては、商品化した場合にどの部分の権利を保護されるべきかを考えて出願の範囲を決める。また、他者の無断使用が明るみになったとき、弁護士と協力して異議申し立てや訴訟に関する仕事を行うこと。弁理士として働くためには、原則として国家試験に合格し、資格を取得しなければならない。また弁護士は登録すれば弁理士として働くこともできる。