入国警備官が学べる中国・四国エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

公務員・政治・法律公務員入国警備官

この条件で検索する

入国警備官が学べる中国・四国エリアの学校検索結果

7

1-7件を表示

入国警備官の仕事内容とは?

不法入国者や不法就労者など入管法に違反する外国人を取り締まる仕事、それが入国警備官だ。 入国警備官の仕事は大きく4つに分けることができる。入管法に違反している外国人を探し出す「違反調査」。必要があれば強制的に捜索し、身柄を拘束することもできる「摘発」。入管法違反で収容された人々の手続きや監視などを行う「収容」。違反者を本国に送還するため空港や港まで護送し、出国を見届ける「送還」。この一連の流れを繰り返し行うことが入国警備官の仕事になる。不法滞在・不法就労は年々手口が悪質・巧妙化しており、都市部だけでなく地方にも分散する傾向だ。「摘発」業務などでは警察官と連携して深夜や早朝の摘発を行うなど危険を伴う業務もあり、入国警備官が「入管Gメン」と呼ばれる理由にもなっている。 入国警備官は法務省の職員で、全国に1000人あまりしか存在しない。ほかの公安職に比べてかなりの少人数だが、年間約3万人もの不法滞在者を強制退去させている。