中国・四国エリアの司法書士を目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の大学・文科省以外の省庁所管の学校

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

司法書士

この条件で検索する

中国・四国エリアの司法書士を目指せる国公立大学・私立大学・国公立短大・私立短大・海外の学校・文科省以外の省庁所管の学校の学校検索結果

2

1-2件を表示

司法書士の仕事内容とは?

裁判所や検察庁、法務省などに提出する法的な書類を、依頼人に代わって作成し、提出するのが司法書士の仕事。主な業務に、土地や建物を売買したときに所有者を法的に証明する「不動産登記」、会社を設立したときに必要な「商業登記」がある。また、簡易裁判所での訴訟業務の手続きや調停・和解交渉なども担当する。さらに「認定司法書士」の有資格者は「消費者金融の過払い債務整理」といった、これまでは弁護士の領域だった業務にも関われるようになり、社会的にも多くのニーズがある職種の一つである。


司法書士はこんな人におすすめ!

複雑で、ミスの許されない書類を期限までに作成しなくてはならない仕事のため、きちょうめんでなくては務まらない。一つひとつ確認しながら次へ進む慎重さが求められる。顧客の財産上の利益に関わる重要な仕事なので、責任感も欠かせない。また、経験を積んだ後に独立する場合が多く、新たな創意工夫を持って顧客にアピールし、仕事につなげていくアイデアやセンス、人脈も必要になってくる。

[学校の種類]を変更してさがす