中国・四国エリアのレコーディングプロデューサーを目指せるその他教育機関(スクール)一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
指定する

その他教育機関(スクール)

学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

レコーディングプロデューサー

この条件で検索する

中国・四国エリアのレコーディングプロデューサーを目指せるその他教育機関(スクール)の学校検索結果

1

1-1件を表示

レコーディングプロデューサーの仕事内容とは?

CD・ネット配信・レコード用の音楽を制作する際に、企画、宣伝、販売、作詞家・作曲家・演奏者などのスタッフ人選、ジャケットデザイン、印刷、プレス、制作費管理など、全ての責任者であり、プロデュースを担当するのがレコーディングプロデューサー。音楽大学や音楽専門学校を卒業し、レコード会社や音楽制作プロダクションに就職して、アシスタントプロデューサーとして経験を積み、プロデューサーにステップアップする道が一般的。音楽の専門知識はもちろん、ミュージシャンの実力、将来性、商品価値などを把握し、市場を見据えて「売れる曲」を提案できる能力が必要とされる。


レコーディングプロデューサーはこんな人におすすめ!

世の中の流行やニーズを的確にキャッチする情報収集力が求められる。楽曲イメージを視覚化するジャケットやミュージックビデオの制作に関わることもあるため、印刷や映像制作に関する知識や人脈があることが望ましい。また、スタッフやアーティスト、プロモーターなど関係各所との交渉力やマネジメント力も重要なスキルだ。