気象予報士が学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

環境・自然・バイオ環境・自然・バイオ気象予報士

この条件で検索する

気象予報士が学べる関西エリアの学校検索結果

5

1-5件を表示

気象予報士の仕事内容とは?

気象庁から提供される数値予報データや気象衛星、レーダーや地域気象観測システムの観測データなど、各種データを利用して、天気図やグラフなどを作成し、総合的に天気を予想するのが気象予報士の仕事。最近では環境アセスメントなどの調査業務を行う場合もある。 以前は気象庁の予測をそのまま伝えるだけだったが、1995年以降は民間の気象会社が情報提供することが可能となり、その業務は気象予報士試験に合格した気象予報士でないと行うことができない。年齢、学歴、性別、国籍などの制限はなく誰でも受験できる反面、気象予報技術に必要とされる知識は広範囲にわたり、データ解析など高度な専門技能も求められるので、かなり難易度の高い試験となっている。