舞妓・芸者が学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

音楽・イベント舞台・イベント舞妓・芸者

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    舞妓・芸者の仕事内容とは?

    【村上龍コンテンツ】 お茶屋や料亭のお座敷で、客にお酌をしながら、会話と、踊りや三味線、唄などの芸でもてなすのが舞妓や芸者(または芸妓)。舞妓は15歳から20歳ぐらいまでで、20歳以上は芸者になる。舞妓になるなら15~18歳までで、未婚の女子に限られる。義務教育を終えて、お茶屋や置屋にツテのある人に紹介してもらったり、あるいは、各花街の組合事務所や歌舞会などに連絡をとり、紹介してもらう。なお中学校に通いながら修業することも可能だ。紹介先には保護者とともに面接に出向き、それぞれのOKが出たら、置屋に住み込み、仕込みと呼ばれる修業を始める。仕込みの期間は通常半年から1年間。お稽古以外の時間はほとんど女将さんや先輩のお手伝いに費やされる。想像以上にハードな仕事なので、身体が丈夫なことは必要不可欠だ。