紬職人が学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真装飾系デザイン紬職人

この条件で検索する

紬職人が学べる関西エリアの学校検索結果

1

1-1件を表示

紬職人の仕事内容とは?

蚕の繭から取った絹糸を使い、「紬(つむぎ)」という伝統的な平織り物を作る職人。糸を紡ぎ出したり、糸を染めたり、手織機で織り上げたりという工程を分業体制で行うことが多く、各工程に携わる人を総称して紬職人と呼ぶ。紬の材料となる紬糸作りは、まず繭を引き伸ばして真綿を作ることから始まる。できた真綿を指先でわずかにつまみ、ていねいに引き出しながら糸にしていくのが本来の紬糸の作り方。ただし最近では、手紡機を使って、綿によりをかけながら糸にすることが多い。紬織物は、織る前に染められた糸を使う織物なので、真綿か糸の段階で染色をする。さらに、糸の毛羽立ちを防ぐため、小麦粉を主体とした糊付け作業も行う。そのようにしてできた紬糸を使って織機で生地を織り上げ、最後に、生地を湯通しして糊を落とせば紬織物の完成となる。もともと紬糸は、商品化できない低品質の繭を養蚕農家が再利用して作っていたものなので、上等な繭から作る生糸とは異なり、素朴な風合いと手作りらしい小さなこぶがみられるのが特徴だ。ただし最近では、良質な繭から取った生糸で織った紬も多い。大島紬や結城紬をはじめ、さまざまな種類の紬が生産されている。