日本刀・刃物職人が学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真装飾系デザイン日本刀・刃物職人

この条件で検索する

検索条件に該当するものはありませんでした。
検索条件の指定を変えて再検索してみてください。

    日本刀・刃物職人の仕事内容とは?

    銃刀法の定められている現在でも、美術工芸品として日本刀の所有は許されており、趣味の世界を中心に少なからぬ需要がある。日本刀の他にも、鋏、鍬、鋤(はさみ、くわ、すき)など、様々な刃物があり、刀匠・研師・鍛冶など刃物に関わる職業は複数ある。例えば刀の製作過程には、鉄を製品に加工する「刀鍛冶」、刀に梵字や装飾図を彫る「彫師」、刀に合わせた鞘を作る「鞘師」、刀を研ぐ「研師」などが関わっている。それぞれが長年技を磨き続けた専門の職人である。刀以外に関しても、鋏専門の鍛冶、鋤専門の研師、というように細分化されている。日本刀・刃物職人になるためには、その道の職人に弟子入りするのが一般的。職人が次世代に技術を伝承するために弟子を募集していることもある。一人前になるためには3年、4年といった年単位の修行が必要となる。一つのものに向かい続ける根気と忍耐、集中力、覚悟がなければ踏み入ることはできないだろう。