アートナビゲーターが学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真装飾系デザインアートナビゲーター

この条件で検索する

アートナビゲーターが学べる関西エリアの学校検索結果

6

1-6件を表示

アートナビゲーターの仕事内容とは?

絵画や彫刻だけでなく、現在ではビデオやCGなどもアートとくくられる美術。アートナビゲーターは、そんな多様化した美術を、より楽しく鑑賞できるようにサポートし、日常生活や社会とつなぐ、いわば「美術の水先案内人」である。もともとは、「アートナビゲーター検定」として民間団体が実施してきた資格だが、2007年に「美術検定」と名称変更。一般的に、アートナビゲーターといえば美術検定1級合格者を指す。検定受験者には、美術についての造詣を深めるのが目的というケースもあるが、資格を取得しておくと美術関連の就職に有利である。美術館・アートイベントのギャラリーガイドやサポーターとして、あるいは美術関連機関のスタッフとして働くだけでなく、独自の切り口で展覧会の企画提案やアドバイスができるようになれば、活躍の場が一層広がるだろう。 (解説協力:美術検定実行委員会)