アンティークショップが学べる関西エリアの学校一覧

進学の、その先へ。
なりたい「わたし」を一緒に見つける
進路情報ポータルサイト

キーワード 請求できる資料
学校の種類
学べる学問
指定する

目指せる職種
指定する

デザイン・芸術・写真アート・写真アンティークショップ

この条件で検索する

アンティークショップが学べる関西エリアの学校検索結果

3

1-3件を表示

アンティークショップの仕事内容とは?

【村上龍コンテンツ】 アンティークショップとは西洋の骨董品を扱う店のこと。アンティークは作られて100年以上たつものをいうのに対し、100年に満たない骨董品をビンテージといい、近年、人気がある。個人経営の店が多く、はじめはアルバイトとして入るのが一般的だ。接客業に必要なマナーが重視される。ヨーロッパやアメリカに商品を買い付けに行く機会も多いので、その国の言語を話せたり、文化を知っているとチャンスが増える。経験を積むと、買い取りをまかされる。その後は独立する人も多い。独立には古物営業の許可が必要だが、講習を受けるだけで取得できる。一般の販売と比べて、商品の歴史的背景まで説明できる知識力、客に安心感をあたえる誠実さが大切だ。